【怖いけどいい話】明治時代の恋話

ちょっとすごい偶然が

ウチの家にもあったという話をします。

 

ウチの父方の曾祖母と、

祖母のお姉さんの話です。

 

父方の祖母は

結構良いとこのお嬢さんでした。

 

曾祖母は跡取り娘だったので、

婿をとって家を継いだのですが、

実は曾祖母には好きな人がいたんだとか。

 

家の為に泣く泣く恋人と別れ、

その恋人も悲しみから

他所に行ってしまうという、

明治時代のロマンスがあったそうです。

さて月日はたち、

祖母のすぐ上のお姉さんの話になります。

 

昔の事だし、

良いとこのお嬢さんだったので、

皆結婚は親が決めてしまいます。

 

現にウチの祖母も、

結婚式の日まで

祖父に会った事がなかったそうです。

 

祖母のお姉さんにも許嫁がいたんですが、

駆け落ちをしたんだそうです。

 

駆け落ちまでの経緯ですが、

そのころ祖母の妹が結核になり、

他所で療養することになり、

お姉さんが療養所に一緒について行ったそうで、

駆け落ちの相手は

その療養所で働いていた人だったか、

その付近の人だったそうです。

 

曾祖母もその時は相手を知らず、

いざお姉さんの結婚となった時、

曾祖母に好きな人がいると、

お姉さんはそっと打明けたんだとか。

 

曾祖母にもロマンスがありました。

娘の気持ちが痛い程わかったんでしょう。

お金を用意して娘を逃がしてあげたそうです。

 

その後、祖母は結婚式目前でお姉さんが家を出て、

蜂の巣を突いたような騒ぎを目の当りにして、

お姉さんの駆け落ちを知ったそうです。

それから月日は流れ、

戦争も終わって暫くたった時、

祖母も結婚していて

故郷を離れていたんですが、

曾祖父が亡くなり故郷に帰った時、

誰となくお姉さんの駆け落ちの話になり、

曾祖母から上記の話しを聞いたんだとか。

 

そして、家を出たお姉さんのことを

探そうとなったそうです。

 

どうやって探したかは省きます。

結構な時間がかかったそうです。

 

お姉さんは東京にいたそうで、

相手の人も健在で、

お子さんもいました。

 

曾祖母は、自分が死ぬ前に

娘に会えたことをそれは喜んだそうです。

お姉さんが家を出て

30年近くたっていたんだとか。

そして駆け落ち相手が、

なんと曾祖母の恋人の息子さんだったという、

すごい偶然を知ったということです。

 

何でも、曾祖母の恋人は曾祖母と別れた後、

神戸で働いていて結婚したとか。

 

その後、息子さんが産まれたのですが

早くに亡くなり、

息子さんはお母さんの実家で育ち、

祖母のお姉さんと出会ったということです。

 

曾祖母はそれを聞いて、

その不思議な巡り合わせに唯、

涙したとか。

 

ずっと、

「あの人と私の気持ちがそうさせたんだ」

と言っていたそうです

 

という不思議な偶然の話です。

ウチの祖母から聞きました。

 

祖母も親に決められた結婚をしたせいか、

この話しをしてくれた時はもう、

乙女みたいな感じでした。

 

お姉さんが少し羨ましかったそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)