【怖いけどいい話】引き止める男の子の声

俺の母の話なんだけど、

もう何十年も前になるけど

OLをしていた頃に、

会社の近くで

都市ガスに引火する事故があったらしい。

 

結構、野次馬が集まっていて、

母も会社の同僚と連れ立って

その事故を見物に行こうとしたんだけど、

その時、男の子の声に引き止められたらしい。

「そっちに行かないで、お母さん」

「そっちに行かないで、お母さん」

まるでステレオ放送みたいに、

二人の男の子が

同じ声で話しかけてくる声だけが

聞こえてきたそうだ。

 

あたりを見回しても

そんな声を出しそうな子供は居ないし、

自分も子供どころか

結婚すらまだしていない。

首をひねりながらも、

同僚にはまったく聞こえていないその声が気になり、

事故を見物に行くのをやめたらしい。

 

そして、同僚ともども

引き返している途中で、

後ろから鳴り響く爆発音。

 

二次災害で、

漏れたガスが

大爆発を引き起こしたか何かで、

野次馬に来ていた

数十人が死亡、数百人が

重軽傷をおったとのことだ。

「あんた達が止めてくれたのかもね」

その事故から10年後に

双子で生まれてきた俺と弟に、

笑い話風に母が以前語ってくれた。

 

確かに、

もし母がその事故に巻き込まれて死んでたら、

俺たちは生まれてこなかったんだなぁと思うと、

感慨深いものがある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)