【怖いけどいい話】飼い猫

うちの両親が体験した話なんだけどね。

 

飼い猫のリンスが

ある日いなくなったらしい。

 

外に出ても必ず帰ってくるから、

2日も帰って来ないのは心配だったらしい。

 

でも3日目に、

家の近くで

まず母がリンスの姿を見た。

 

あれ、そうかな?

ってくらい一瞬だったらしいけど、

出かけてた父に

「リンス戻ってきたんだな、

駐車場にいたぞ」

って言われて、

母もさっきのはリンスって分かった。

 

お腹も空いてるだろうし、

早く家に連れて来ようと

外に出たら、

リンスは少し離れた所にいた。

 

「おいで」と呼んでも来なくて、

リンスはゆっくりと

家とは反対方向に歩いていった。

 

しかも、時々振り返っては母をみた。

母は走ったりして

リンスが逃げるのも嫌だったから、

リンスの後をついていった。

 

リンスは近所の家の塀に登ると

反対側に降りてしまった。

 

母が塀の反対側を覗くと、

そこには怪我して

グッタリしたリンスがいた。

 

古い工具みたいのに

足を挟んで動けず、

最初母は死んでるかと思ったそうだ。

 

母は急いで足を外して

病院に行った。

 

命は問題なかったけど、

時間が経ってるせいか

爪先部分を切断した。

両親が見たリンス

(正確にはリンスそっくりの猫?)は、

その日以来一度も見てないらしい。

 

近所に似た猫飼ってる家もないし、

今だに両親は不思議がってるよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)