【怖いけど良い話】おばあちゃんを探しています

大学卒業して地元に帰ったら

消防団に入れられたんだけど、

俺は妙な所で引きが強いみたいで、

行方不明者捜索とかに出ると、

死体の第一発見者になった事が

既に2度(一人は水死体、一人は首吊り)、

火災現場でも、

煙に巻かれて亡くなった子どもと

おばあちゃんを発見したり・・・

 

あ、学生時代にも、

後輩がアパートのベランダで

首吊ってるのを第一発見したなぁ。

 

首吊りの遺体を、

人生で2度も見る事なんてあるんだろうか・・・

まぁそんな俺が消防団で体験した話。

ほんのりつーか謎な話。

その日は朝早くから

行方不明者のおばあさんAさん

(70歳くらい)

の捜索が行われた。

 

居なくなったのは前日の早朝。

同じ敷地内に住む長男家族が

Aさん宅を訪れた時、

朝食のご飯が炊かれた状態で

炊飯器の中にあり、

味噌汁もまだ温かいままだった。

 

近所の商店まで買い物に行ったのだろう程度に考え、

その時はスルーしたらしい。

 

しかし、午後になっても

家に帰ってくる様子は無く、

おばあさんの家の朝食も

食べられずにそのまま。

 

夜になっても

帰って来ないので

警察に連絡したそうだ。

 

その日の夜は消防署と警察で

夜間捜索が行われたが発見できず、

翌朝になって俺達地元消防団、

総勢120名を使っての

一斉捜索が行われる事になった。

 

家族の談では、

Aさんは足が弱く病院に通っていた。

いつも押し車みたいな歩行器を使って歩いている。

 

だからそれほど遠くまで歩いて行けない。

日頃はせいぜい近所の小店に行く程度。

家には歩行器は無く、

外出用の靴

(普段履きでは無く、

ちょっと畏まった場に行く時

履いていた靴らしい)

が1足無くなっていた。

 

着ていた服は、

家族の推測で普段着ている

普通のシャツにズボン。

 

それほど遠くに行けないはずなので、

事故にせよ自殺にせよ、

すぐ見つかるだろうと思ってた。

 

が、4時間探して手がかり無し。

地元は結構な田舎で、

山の中とか海辺とか、

Aさん宅の周辺を道無き道まで捜索した。

 

徒歩で出かけて無い可能性も考え、

地元のタクシー会社、

交通機関の全てに連絡したが、

それらしい情報は無い。

 

交通事故に遭い加害者が死体を隠した、

とかの可能性が高くなったが、

警察が何処を探しても、

事故の痕跡は無い様だ。

結局、二日間に渡って行われた捜索で、

Aさんを発見する事は出来なかった。

それから1年と少し経ち、

その件も忘れかけた頃だった。

 

警察が作った顔写真入りの

捜索願の張り紙も随分色あせ、

たぶんAさんのお孫さんが

手書きしたものをコピーしたと思われる、

『おばあちゃんを探しています』の張り紙も、

文字が読めないほどになっていた。

 

そんな頃、

警察にAさんの目撃情報が

大量に寄せられた。

 

「背格好も顔も服装も、

歩行器を押して歩いている姿も

Aさんに違いない」

という電話が。

 

ところが、

目撃情報が寄せられる場所がバラバラで、

Aさん宅の周辺から

十数キロ離れた場所まで広がっていた。

 

警察も情報にそって

捜索を再開したがやはり発見できず。

 

ただ一つ共通しているのは、

その目撃現場の近くには、

必ずお孫さんが書いた

張り紙が掲示してあると言う事。

 

そして、その手書きの張り紙

全ての一番下の空白の所に、

鉛筆で一言、

『おります』と書き足してあると言う事。

未だにAさんは見つかっていませんが、

家族も警察も諦めているようです。

ちなみに、その『おります』

という書き込みですが、

ガラスケースに鍵がかかるタイプの

掲示板に張られた張り紙にも、

書き込まれていました。

 

鍵は公民館の管理者が持ってるので、

開けて書き込む事は

不可能だと思いますけど。

『おります』の意味は、

きっとAさんがお孫さんに対して、

「いつもそばに居て見守ってるよ」

と言っているんだと、

勝手に解釈しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)