【怖いけど良い話】おじいちゃんからのメール

もう何年も前の話だから、

曖昧な部分もあるかも。

 

ある日の深夜、

唐突に母が、

「おじいちゃんが亡くなりそうだから、

会いに行こう」と言って来た。

 

うちは祖父の事を

「じいちゃん」

と言う上に、

その「じいちゃん」は元気だったので、

違和感を感じてたら、

どうやら私の知ってる「じいちゃん」は、

ばあちゃんの再婚相手。

 

「おじいちゃん」ってのは母の実の父、

って事らしかった。

 

当時10代の私、

存在知らなかった人のとこ行って

どうしたらいいの…状態。

 

それでも母に引っ張られて、

取り敢えず母・姉・私・弟で、

高速に乗って遠い病院へ。

(我が家は母子家庭です)

ガリガリに痩せてる、

記憶にないおじいちゃんを前にオロオロ。

 

それでも赤ちゃんの頃には会ってるらしく、

おじいちゃんは話しかけてくる。

それに受け答えしつつ、

母はお医者さんに話を聞いたりして、

その日は帰宅。

 

暫くは何度か伯母も

一緒に病院に足を運んだが、

当時高校生でバイトをしてた姉は、

最初の一回以来あまり赴けず。

 

そうこうしてる内に、

1ヶ月程でおじいちゃんは亡くなってしまった。

 

おじいちゃんは身内と殆ど絶縁状態(?)らしく、

お見舞いに行っていたうちの身内のみで、

小さいけどお葬式。

 

その後、母達がおじいちゃんの

兄弟の方に連絡を取り、

相談の結果、

そちらがお骨を受け取るということに。

役所にお骨を預かって頂き、

私達一家帰宅。

その後、いつも通りに過ごして

1週間程経った夜。

 

母・私・弟はリビングでテレビを見ていて、

姉は部屋に居たんだが、

姉がリビングに来て、

「何?」と言う。

 

母・私・弟が

「え?何が?」と言うと、

姉が「母さん、メールしたでしょ?何?」と言う。

 

ますます「え?」な母に、

姉がメール画面を見せる。

 

確かに母さんからのメールで、

本文は『○○○(姉の名前をカタカナで三文字)』とだけ。

時刻はついさっき。

 

母「え?こんなメールしてないんだけど」

姉「え?」

母「携帯なんか触ってなかったし、ねぇ?」

私・弟は確かに数十分は母と一緒に居たが、

確かに携帯は触ってない。

 

証拠にと、

母の携帯の送信メール一覧を見ても、

そんなものはない。

 

その日は、

皆で「なんだろうね?変なの」

程度で流してしまった。

それから更に1週間程。

全く同じ状況で、

またしても姉に母からメール。

 

今度の本文は『いつくる』のみ。

ここで漸く母がハッとして、

「ねぇ、ちょっと待って、

もしかしておじいちゃん…」

と、慌てて役所に電話を掛けた。

 

電話の結果、母の第一声は、

「おじいちゃん、

お骨まだ引き取り来てないんだって…」

 

結局、お骨は我が家が引き取りに行った。

その後は一度、

忙しさで皆が命日を忘れてしまってたら、

母の携帯が聞いたことの無い着信音で鳴り、

番号を調べたら、

おじいちゃんの住んでた

地方のモノだったとか、

そんなこともありました。

 

数年経った今では、

めっきり平和です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)