【怖いけど良い話】死んだ人を生き返らせる方法

とても仲の良いAとBという、

2人の女の子がいた。

 

2人とも幼くて、

よく人形遊びをしていた。

 

そんな2人に

別れの日が来た。

 

Aちゃんが家族と

引っ越してしまう事になった。

 

別れの日に2人は、

泣きながら別れを惜しんだ。

 

そして、いつも遊んでいた

それぞれの人形を交換し、

 

また会う約束をして別れた。

 

でも、その引越し先へ

行く最中に、

 

交通事故で家族全員が

死んでしまった。

 

その話を聞いたBちゃんは、

凄く悲しんだ。

 

その事故が起きてから

1年くらい経った頃、

 

Bちゃんがたまたま読んだ本に、

 

死人を生き返らせる方法が

書いてあった。

 

生き返らせたい人間の

名前を書いた札を、

 

泥人形に入れて

呪いをかけると、

 

数日後に生き返る、

というものだった。

 

Bちゃんは何でもいいから

Aちゃんともう一度会いたくて、

 

その方法を実行した。

 

それから数日して、

 

用事があって夜に親が

家を留守になる事になった。

 

家にはBちゃんだけが残った。

 

もう夜も遅くなった頃に、

玄関を叩く音が聞こえた。

 

最初は恐がってたんだけど

玄関の向こう側から、

 

「Bちゃ~ん、遊ぼうよう」

 

って、声が聞こえてきた。

 

その声は明らかに、

Aちゃんの声だった。

 

本当にAちゃんが生き返った

と思ったBちゃんは、

 

急いで玄関を開けようとした。

 

その時、「開けちゃだめ!」って、

声が後ろから聞こえてきた。

 

それは、Aちゃんの声だった。

 

その声にびっくりして

後ろを振り向くと、

 

自分の部屋に置いているはずの

Aちゃんから貰った人形があった。

 

それを見た瞬間、

 

玄関の向こうにいるものが

Aちゃんではないような気がし、

 

急に恐くなった。

 

Bちゃんは人形を持って、

自分の部屋に逃げた。

 

自分の部屋の隅っこで

震えながらも、

 

守ってもらうように、

人形を大事に持っていた。

 

その間、ずっと

玄関を叩く音が聞こえてくる。

 

そのうちに疲れてしまったBちゃんは、

眠ってしまった。

 

しばらくすると、

帰って来た母親に起こされた。

 

母親に玄関がおかしいと言い、

 

Bちゃんは恐がりながら

母親と玄関に向かった。

 

そこは一面、

泥だらけになっていた。

 

Bちゃんは恐くて

泣き始めたんだけど、

 

その泥の中に、

人形のような物を見つけた。

 

それはBちゃんがAちゃんに、

あげたはずの人形だった。

 

さらにその人形には、

おかしな所が二つあった。

 

一つは、前後にしか

動かないはずの人形が、

 

まるで家を守るかのように、

両手を開いていた事。

 

もう一つは、

 

その人形は金髪だったのに、

Aちゃんと同じ黒色になっていた事。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)