【怖いけどいい話】自殺した祖母

怖い話というより切ない、不思議なお話です。

私の実体験です。

 

私が高校1年の夏、

突如祖母が亡くなりました。

 

亡くなる二日前に祖母を見舞ったばかりだったので

ショックは大きかったです。

 

その時の祖母との会話。

入院中ですっかり弱気になっていた祖母。

そんな様子に何か感じるところがあったのでしょうか。

私は思わず、

「おばあちゃん、馬鹿なことは考えちゃいけないよ。」

と言ってしまったのですが、

「何を言ってるの!そんな恐ろしいこと!」

と一括されました。

 

その勢いに安心し病院を後にしましたが、

祖母はその翌々日に

自ら命を絶ちました。

 

一時退院中の悲劇でした。

何の前兆もなく、

身辺整理もせず、

遺書もなく、

ただ突然に。
今でも私はあの時の会話を悔やんでなりません。

もしかしたら祖母を救えたのではないかと。

 

それから3年が経ち、

私は大学生になりました。

お盆休みに祖父宅を訪れていた時のこと。

お向かいのおばあさんが尋ねてきてこんなことを言いました。

 

「うちのひいばあさんがね、

あなたのおばあさんが夢枕に立つって言うのよ。」

 

お向かいのひいおばあさんは昔から霊感のある人とご近所でも有名でした。

そのひいおばあさんによると、祖母は

「84歳まで天命を授かったのに自ら粗末にしてしまって浮かばれない。」

「どうか私が首をくくった縄を○の川に流して欲しい。」

と言ったそうなのです。

 

「それでもう夢枕に立たないでとお墓参りして来たところなのよ。」

「それは申し訳ありませんでした。よく伝えておきます。」

私はそう言ってお向かいのおばさんを見送りました。

 

そして祖母の位牌に向かって手を合わせました。

おばあちゃんが後悔していることはよく分かったよ。

 

あの時は、おばあちゃんは自ら人生を選択したんだから

後悔はないのかもしれないって思った。

 

でも残された私達の気持ちに気付いてくれたんだね。

おじいちゃんもね、

時々夢の中でおばあちゃんに呼びかけられるって言うの。

 

でもね、明らかにおばあちゃんなのに顔だけが見えないって。

そういうことが何度もあったんだって。

 

おばあちゃん、きっと後悔していておじちゃんに申し訳ない思いで

顔向けできないと思っているんでしょう?

だから顔を見せないんでしょう。

 

でもね、もう何も心配しなくていいよ。

後悔しているのは分かったから。

ゆっくり休んでね。

そしてもうお向かいさんには会いに行かないで。

 

それより私達に会いに来て。

誰よりおじいちゃんに一言謝って。

顔を見せてあげて。

 

もし私の気持ちが伝わったら、

おばあちゃん、会いたいけれど

おばけじゃ怖いから夢で会いに来て。

お願いします。

そう祈りました。

 

その夜。

これまで3年間、

夢に出てくる祖母はいつも

「実は生きていた」

という設定でした。

 

しかしその夜の夢では祖母は完全に亡き存在になっていて

夢の中ではありますが、死臭を感じました。

 

そして無言で私に指輪を2つ差し出したのです。

目覚めてきっとこれは祖母からのメッセージに違いないと確信しました。

そして祖父にこの夢の話を打ち明けると、

 

「遺品の指輪をおまえにあげるようにっていうことだろうね。

仏壇の引き出しに入っているから開けてごらん。」

と言われました。

 

私は仏壇の引き出しを開け、

指輪のケースを見つけました。

 

開けてあっと息を呑みました。

指輪は夢と同じく、

確かに2つあったのです。

 

きっと祖母に私の言葉が届いたのだろうと確信しました。

その後はお向かいさんの夢枕に

祖母が立つことはなかったそうです。

 

それから12年。

祖父も天寿を全うし祖母の元へと旅立ちました。

亡くなる数週間前、祖父は

「おばあちゃんが時々迎えに来るけれど俺はまだ逝けない。」

と生への執着心を見せていました。

残された家族の思いを一番理解しているのは祖父です。

 

何より、私の結婚を心待ちにしていてくれていたので

まだまだ健在かと安心していたのです・・・

 

結婚が決まったよ、

と伝えようと思った矢先に祖父は旅立ちました。

奇しくも祖父が亡くなったのは86歳でした。

祖母が生きていれば84歳の年。

 

本来祖母が授かったはずの天命を全うしていれば

84歳になっているはずでした。

 

単なる偶然とは思えずにいます。

二人はきっと一緒に旅立つ運命だったのですね。

だから祖母は祖父を迎えに来たんだと思います。

 

深い夫婦愛に今でも胸が締め付けられ、

思い出すたびに鼻の奥がツーンと痛みます。

 

文章力がないのでうまく表現できずに申し訳ありません。

感傷的に書いてしまいました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)