【怖いけどいい話】おばあちゃんちに住むもの

大学時代の話。

 

俺は総勢6人の弱小サークルに所属していて、

夏にどこかに遊びに行くべという話になった 。

 

仲間のAが

「なら、俺のばあちゃん家に来いよ、

面白いことが体験できるかもしれないぜ」

というのでそいつのばあちゃん家がある

田舎に二泊三日で遊びに行った。

 

そこは絵に描いたような田舎で、

ばあちゃんの家は古い日本家屋だった 。

 

じいさまはすでに亡く、

ばあちゃん1人で住んでいるらしかった 。

 

そのことで「寂しくないんですか?」と話を振ったら 、

「もう1人賑やかなのがいるから」と返ってきた 。

そのときは、失礼ながら少しボケてるのかと感じた。

 

夕飯を食った後、

俺らは離れの部屋で酒盛りを始めた 。

 

酒を飲めない俺とBがいたので

ジュースやお菓子もあるごちゃ混ぜの酒盛りだった 。

 

1時間くらいたった後かな?

どうも様子がおかしい 。

 

さっき開けたばっかりのボテチがいつの間にか空になったり 、

紙コップに注いだはずのジュースがなくなってたりと 、

ジュースとお菓子の消化が異様に早い 。

 

その事を言うと、

Aが「そりゃ小僧のせいだ」とわけがわからん返事 。

Aには酒が入ってたのでそのせいだと思い無理やり納得 。

小一時間騒いだ後、その日は床についた。

 

次の日の夜にも酒盛りをした 。

またジュースとお菓子の減りが早い 。

 

昨日の件を思い出し「小僧ってなんだ?」と問い詰めてみた 。

「たぶん座敷わらしだよ」とA。

 

聞くとこの家には昔から座敷わらしが住み着いているらしく 、

Aが小さい時には甘い物やおもちゃがいつの間にか消えてたり 、

寝てる時に布団の周りを飛び跳ねていたらしい。

(ちなみに小僧と言うのはじいさまが名付け親)

 

危害は加えないから気にするなとのこと 。

ばあちゃんが言ってた賑やかな奴とは

これのことかと納得し酒盛りは2時までやった 。

 

そして、帰るときに残ったお菓子とジュースを

そっと置いてきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)