【怖いけどいい話】猫の道案内

全く怖くはなかったけれど

不思議な体験。

 

大学生の時、

留学でイギリスに行った。

 

留学先には自分の研究してた人物の

お墓があって、

研究してるってだけでなく、

その人のことを凄く尊敬もしてたから、

お墓参りに行くことにしたんだ。

 

事前にネットで見て

どんなお墓なのかは知っていたし、

墓地の場所も現地の先生に

聞いて分かっていたから、

行けばなんとかなるだろうと

授業が無い休日に一人で行った。

 

そんなことに着いてきてくれる様な

奇特な友人居なかったしね。

 

トラックの兄ちゃんに

手を振られたりしながら歩いて、

着いた墓場はごくごく普通の所だった。

 

昼間だったし、

天気もよかったから、

木が多めの公園、空き地、

みたいな感じで怖い感じはしなかった。

 

猫がのほほんといて、

「こんにちは」

って声かけたら寄ってきた位。

超平和。

 

猫を撫でて

気を抜いていた所だったけど、

ここで、

そのお参りしたい人のお墓が

どこにあるのか分からないことに気がついた。

 

分野内ではかなり有名な人なんだが、

誰でも知ってるとまではいかないから、

観光名所ってわけではないみたいで、

期待してた案内板も無いし、

事務所みたいな所にも誰もいない。

他にお参りしている人すらいない。

 

訊きたくてもとにかく誰もいないんだ。

ひとつひとつ覗き込むしか無いのかと、

ちょっと途方に暮れた。

 

そんなに大きな所ではなかったけど、

結構お墓の量はあったからね。

 

そしたら、

さっきの猫が呼んだんだ。

「にゃあ」って感じで。

 

そのまま歩いていこうとして、

それを眺めてると振り返ってもう一度呼ぶ。

付いてくるのを待ってるみたいに。

 

何だろう、どうしよう、

と固まってると、

そのこずっと待ってるんだよ。

 

埒があかないし、

迷ったけど思い切って付いていってみた。

どうせ墓地内は歩かなきゃいけないし。

 

付いていくと、

猫は歩き出した。

 

時々『ちゃんと付いてきてる?』

って振り返ったりしてた。

 

その度に「付いていってるよ」

って返しながら、

もしかして行きたいお墓まで

案内してくれるのかな、

と思い始めた。

 

馬鹿馬鹿しいとは自分でも思ったよ。

お話じゃあるまいし、

第一猫に行きたい場所なんて言ってないし。

 

でも猫は迷い無く歩いてた。

墓地内の通りを抜けて、

林みたいになっていて、

多分普通人が通る場所じゃない所も歩いてたけど、

それでもこっちを確認してくれながら先導してた。

 

で、あるところで止まったんだ。

ここに書き込むくらいだから

予想はつくと思うけど、

そこはお参りしたい人のお墓だったよ。

 

嘘だろ、と思ったけど、

墓碑銘に間違いは無いし、

そこまで来たら猫は

もう歩こうとはしなかった。

 

一緒にお墓を眺めたり、

足にまとわりついたりしてた。

本当に猫が案内してくれたんだ。

 

それからお参りして、

猫にお礼を言って帰ったよ。

 

あの時ほど食べ物を

持ってないことを後悔したことはない。

 

撫でてあげるくらいしか

他にお礼が出来なかった。

 

あのこがいなかったら

相当時間が掛かっただろうから、

とても感謝してる。

 

留学の終わりに

もう一度お参りに行った時は、

あの猫はいなかった。

 

でも、教えてもらっていたから

今度はすぐに辿り着けたよ。

 

あの日はとても長閑で天気がよくて、

そんな日の出来事だったから、

我ながら嘘くさいと思うが、

写真を撮らせてもらったから、

あのこの写真が今もPCにあるんだ。

だからあの猫に出逢ったのは間違いない。

 

留学で色んな体験したけど、

これが一番の思い出。

 

スレ違いになるが、

猫に案内されてお参りした夜、

その人の夢を見たこともあって、

とても印象に残っている。

 

怖くはなくて、

とにかく不思議な体験だった。

猫って凄いとつくづく思ったよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)