【怖い話】釣り針と糸

知り合いの話。

 

気心の知れたキャンプ仲間で、

山小屋に泊まった夜のこと。

 

彼女を除いたメンバー皆が、

そこの常連だったらしい。

そろそろ消灯しようかという頃合、

小屋の扉が極々小さな音を立てた。

 

カッという感じの、

鋭い物が木に突き立つような音だった。

 

一番の年長者が扉に寄ると、

何も言わずにしっかりと戸締まりをする。

 

皆が平然としていたので、

彼女もそれ以上奇異には思わず、寝入ったという。

夜が明けて、

顔を洗おうと彼女が扉を開けると、

そこには異様な物があった。

 

数え切れない程の釣り針が、

扉の表に食い込んでいたのだ。

 

釣り針からには黒い糸が結ばれており、

延々と山の中へ伸びている。

 

端がどこに繋がっているのかなど到底見えない。

 

あまりのことに彼女が扉前で突っ立っていると、

他の者も集まってきた。

「おや、昨夜は仰山来よったな」

「山ン中に獲物が少ないのかもしれんね」

誰も驚かず、

普通にそんな会話など交わしている。

 

事情がわからないのは

彼女一人のようだった。

 

「この山には昔から、

物騒な女が居てね。

動物を針で引っ掛けてさ、

山の奥へ連れて行くんだ」

 

内一人がそう教えてくれた。

「見てごらん」

そう言って黒糸を指差す。

 

指摘されて、

初めて気が付いた。

 

黒い糸は、

すべて人の髪の毛を結わえて

作られた物だった。

出立前に一人が鉈を持ってくると、

黒糸をぶちぶち切断した。

 

引き抜いた釣り針とは別にして、

麓でゴミとして処理するのだという。

 

彼女は怖れをなしたが、

あくまでも他の皆は

普通に振舞っている。

 

結局それ以上、

変わったことは起こらなかったらしい。

 

「これって、山姥みたいな存在だったのかなぁ」

彼女はそう不思議そうな顔をしていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)