【怖い話】塞がれた家

大学時代友人が体験した話。

 

友人は農学部で、

生物関連の色々なバイトなんかを受けて、

たまに俺もつき合わされていた。

 

動物調査や標本採集は、

きついだけあって

結構実入りがいいのでよく受けていた。

 

言葉だけ聞くと楽そうに思えるのだが、

実際は、山の中を延々と歩いて

規定数の生物を

クリアしないといけないので、

かなりきつい。

 

そんなバイト中の友人がした体験を、

ここ最近のニュースを見て思い出したので書いてみる。

 

その日、友人はコウモリの

固体調査を請け負って、

バイト仲間と

奈良の山中を回っていたらしい。

 

奈良山中は廃村が結構あって、

そこがコウモリの巣となっている。

その分布を調べる仕事だそうだ。

 

いくつか村を回って、

赤坂の廃鉱の村を調査していた時、

入り口がない変わった家屋があって、

中を調べてみようという話になったらしい。

 

その家は古い日本家屋で、

何故か全面塗り壁で覆われていて、

窓もなかったそうだ。

 

「住民が村を離れる時に、

扉を塗りつぶしたのだろうと思った」

と友人は話していた。

 

薄い壁を壊して友人達が入ると、

驚いたことに人がいた。

8畳くらいの板の間で、

真ん中に寄り添うような形で

子供が6人座っていたそうだ。

 

不思議と恐怖感はなかったらしい。

そばによって話しかけていても

俯いて黙るばかりで、

最初は人形かと思ったという。

 

スーパーで売ってるようなTシャツを着ていて、

髪はボブくらい、

薄暗い部屋なので、

性別は分からなかったという。

なんどか声をかけていたら、

「どこから入ってきたの」

という質問に対して、

部屋の奥を指差した。

 

子供をおいて行くの気が進まなかったが、

友人はここを調べることに決めて、

仲間と奥に向かったそうだ。

 

奥は暗く懐中電灯を使って進むと、

玄関らしき場所に出た。

 

引き戸を引いてみるが、

当然塗り固められているので開かない。

 

色々調べてみたら、

土間に最近のものらしい

複数の大人の足跡を見つけたそうだ。

 

子供達は、大人が連れてきて

閉じ込めたことになる。

友人達はこれは何かまずいのではと思い、

あわてて先ほどの部屋に引き返したそうだ。

だが、そこには誰もいなかった。

 

自分達があけた穴から出たのかと思い、

外も探してみたらしいが、

どこにもいなかったそうだ。

 

バイト仲間が

「もう一度中を探してみよう」

と言ったのだが、

「あれは生きた人間だったと思うか?」

とたずねたら、

もう何も言わなくなったそうだ。

 

結局、中を調べることはせず、

友人達は帰ったそうだ。

 

最近摂理や北なんかのニュースを見ていて、

この話を思い出した。

 

やっぱり友人が見たのは、

生きた人間なんじゃないだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)