【怖い話】髪の長い子

去年台風が

私の住んでる地方を直撃して、

裏山が崩れないかどうか

家の中から様子を見ていた際、

変なものを見た。

 

家と裏山を挟む道路に、

白装束?を纏って、

髪の毛を多分腰の下くらいまで伸ばした、

四,五歳くらいの子供が、

山を見上げるようにして座ってた。

 

え、あの子何してるんだろうと思った瞬間、

その子がバッと立ち上がって、

すぐ近くの木にスルスルと登っていった。

 

人間の動きというか、

チンパンジーとかが

木を上るときの動きに近かった。

 

で、色んな木を伝いながら

あっという間に山の頂上付近にたどり着いて、

風に吹かれながら

ずっとゆらゆら揺れてた。

 

一応外に出てみたけど、

もういたはずの場所には

誰もいなかった。

見間違いだろうと思っていたけど、

同じようなものに

父がその後遭遇した。

 

父は毎朝裏山の周りを

ウォーキングするのが日課である。

 

裏山は大体四十分もあれば

一周できる程度の山だが、

その時は確実に

四十分以上経っているだろうにも関わらず、

一周できなかったそうだ。

 

さらによく周りを見渡しても、

いつも見ている景色と少し違う気が…

で、ふと上を見上げると、

私が台風の時見たのと同じような子が、

木のてっぺんに乗っかって、

ゆらゆら揺れながら

こちらを見下ろしていたらしい。

 

その瞬間、怖くなって

走り出したそうだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)