【怖い話】穴掘り女

去年の冬、

彼女とドライブ中大げんかになり、

山中に捨てられた。

 

すぐ戻って来るだろうと思っていたのに戻って来ず、

携帯は彼女の車の中だった…

 

真夜中で車も通らないし、

歩いて山を下りるしかなく、

少しでも近道をしようと

アスファルトじゃなくてじゃり道を選んだ。

 

その道は車一台がやっと通れるぐらいで、

草は長く伸びていた。

きっと長い間使われてなかったんだろう。

 

歩きにくいし寒いし怖いし、

止めときゃよかったって思ったけど、

今更坂道を戻るのは

もっとダルかった。

すると明かりが見えた。

近づくとワゴンRだった。

 

車は俺にケツを向ける方向で

前を照らしている様だ。

 

ガス欠か?

取りあえず携帯ぐらい持ってるだろう。

 

そう思い、車の前へ回った。

「すいませーん」

と声をかけた瞬間後悔した。

女が穴を掘っていたのだ。

 

思わず固まってしまい、

逃げたら殺されるのかな?

なんて考えてた。

 

「どうしたんですか?」

女の方から話しかけてきた。

俺は経緯を話し、

携帯を借りれないかと

聞いてみたが圏外だった。

 

何でもいいが、

そこから逃げ出したい俺は、

「じゃ、俺急ぐんで」

と言って立ち去ろうとしたんだが、

「…手伝ってよ」

女の一言で俺は逃げられなくなった。

 

「もうちょっとだから手伝って、

そしたら送ってあげるから」

 

そう言った女の右手は

何故かスコップを上にかざしていて、

断れば振り下ろしそうだった。

必死で穴を掘った。

俺が掘っている間、

女は俺を見ながらしゃべっていた。

 

内容は覚えていないが、

どうでもいい話だったと思う…

おしゃべり好きなのか、

いろいろ聞かれたりしたが、

自分の素性がばれると

良くない気がしたから、

ウソを適当についていた。

やっと穴を掘り終えた。

女が車から袋を持ってきた。

 

俺は死体が出て来るのかと思っていたが違った。

髪の毛がたくさん出てきた。

一人分とは思えないぐらいだ。

 

「美容師さんなんですか?」

と恐る恐る聞いたが無言で、

それも怖かった。

 

車からたくさんの物を出しては捨てていた。

子供用品もあって、

最後にはクーラーボックスも捨てていて、

俺はその中に

赤ん坊が入っているんじゃないかとドキドキした。
結局何だったのか分からないまま、

俺は送られ終わってしまった。

 

今年に入って、

家の前に紙袋が置いてあった。

開けてみると、

たくさんの髪の毛だった。

その瞬間、俺は山での事を思い出したが、

偶然だろうか?

 

彼女とドライブ中大げんかになり、

山中に捨てられた男です。

この話を最近仲良くなった

仕事の先輩に話したら、

先輩の好奇心にヒットしたらしく、

「その場所に行って穴を掘り返そう」

と言いだした。

 

正直、“紙袋いっぱいの髪の毛”の事が

こたえていたので関わりたくなかった。

 

だが先輩は、

「じゃあ場所だけでも教えてくれ」

なんて言い出し、

最後には後に引けない所まで話は進んでしまい、

結局俺も行く事になってしまった。

 

仕事の帰りに、

先輩2人と俺の3人で山に向かった。

 

その山道は俺たちが行くと、

チェーンがかかっていて入れなくなっていたが、

先輩はチェーンを外し、

去年よりものびきった草を踏み倒しながら、

俺たちが乗ったサーフはどんどん進んで行った。

まあ、ちゃんと場所覚えてる訳じゃないし、

適当に穴を掘って何も出なければ、

先輩も諦めてくれるだろう。

 

と俺は思っていたんだが、

あの女が掘っていたと思われる場所は、

明らかに草が短く、

土の色も違っていて、誰

が見ても分かる感じだった。

 

「ここに間違いねーなー」

「車のライトを当てろ。さっさと掘るぞー」

先輩達は目を輝かせながら、

どんどん掘っていった。

 

俺も早く帰りたかったから、

無心で掘った。

 

男3人だと、

あっという間に女が捨てた物を

掘り起こす事が出来た。

 

あの時は暗くてよく見えていなかったが、

思ったよりたくさんの物が出てきた。

 

そして、一番気になっていた

クーラーボックスが出てきた。

 

クーラーボックスをこじ開けると、

バシャっと黒い液体が出てきた。

 

先輩はクーラーボックスを落としてしまい、

黒い水は全部こぼれてしまった。

「え?何?こんだけ?」

「何だヨー死体とか期待してたのに」

先輩はがっかりしていた。

 

「小説じゃあるまいし、現実こんなもんだな」

なんて俺は考えながら、

穴を埋めて山を下った。

 

帰宅中、先輩が

「痛い!手が痛い!」

と叫びだした。

 

クーラーボックスをこじ開けたときに、

黒い水がかかった手だった。

 

俺たちは真っ青になり、

慌てて近くの病院に駆け込んだ。

 

診察してもらった所、

軽度の火傷で終わり。

一安心したが、

結局謎は謎のまま、

何も解決しないで終わってしまった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)