【怖い話】九十九神

皆さんは九十九神と言う物を

知っていますか?

 

長いこと使っている物に

宿る妖怪らしいのですが、

私自身そういった物に疎く詳しくはわかりませんが、

私の松葉杖に九十九神が憑いているようです。

 

順を追って説明しますね。

松葉杖と言うのは、

生まれつき足が悪い私が使っている物で、

普通の物とは違って、

体に合わせて作った特注品なんです。

 

足は不自由ですが、

私生活・仕事には

何の支障もありません。

その日は仕事で

オーストリアへ行っていました。

 

仕事を終えホテルに戻り、

眠りについていましたが、

ホテルの外が異様に騒がしく

目を覚ましました。

 

一体何をそんなに騒いでいるんだ?と思い、

窓の下を覗くと、

ホテルの下にいる人達が

上を指して叫んでいる。

 

窓を開けて上の階を見ると、

4階の部屋から火が上がっていました。

 

こんな日に限って私の部屋は3階で、

火事の部屋から近かった。

 

エレベーターがあるホテルだったので、

いつものように一階の部屋を取らなかったのだ。

慌てて逃げようとすると、

部屋の奥に置いてあった

松葉杖がポーンっと誰かが投げた様に

飛んできたんです。

 

寝ぼけているのか、

パニックで幻覚を見たのか、

訳が解らなかったが、

そのときは逃げる事に集中し、

財布だけ持って部屋から飛び出しました。

 

エレベーターは使えなくなっていて、

周りの部屋の人々は

みんな非常用のハシゴ階段で

避難していました。

 

私の足ではハシゴを下りる事ができず、

通常の階段で逃げなければなりません。

 

一人階段を下りていると、

下から上がって来る人がいました。

 

きっとレスキュー隊だ!

と思い大声を上げると、

近寄ってきたのは普通の若者達。

 

何か言っているのですが、

ドイツ語はあまり得意ではなく、

片言しか解らなかったが、

どうやら彼らが

火事場泥棒だと言うことは分かった。

 

抵抗も虚しく財布を盗られ、

顔を見られた口封じに、

松葉杖を窓から捨てられ、

部屋に閉じこめられてしまったんです。

 

最後に彼らが英語で

「焼け死ね」

と言った事はよく覚えている。

しかし、その後すぐレスキュー隊に助け出され、

命は取り留めました。

 

私の部屋も無事だったのですが、

あのとき窓から投げ捨てられた

松葉杖だけどこを探しても見つからないのです。

 

変わった形をしていて、

一般人は何に使うのかさえ

分からない様な物。

 

一体誰が盗むと言うのだろうか?

とても不思議だった。

 

あれはとても高く、

もう一度作るとなると

でかい金と長い時間がかかります。

 

その為に諦められない私は、

警察に頼んだり、

地元の新聞に松葉杖の事と

絵を載せさせてもらった。

 

3日ほどたったある日、

松葉杖が見つかったと

警察から電話があった。

 

そして見つかった場所が、

なんとあの火事場泥棒の家だと言うのです。

 

新聞でみた変な棒が隣の家の前に置いてある、

という通報を受けた警察は、

その家へ行きました。

 

家の主に話を聞こうと

火事の日の話をすると、

自分の犯行がばれたのだと勘違いし、

あっさり男は自白したのだった。

私の財布も見つかり事件は解決したが、

彼らは松葉杖なんて盗んでいないし、

玄関に置いてもいない。

 

誰かがそんな事わざわざするとも思えない。

私は今でも、

松葉杖が妖怪となって

私のかたきを取ってくれたんだと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)