【怖い話】警察官の親父の話

この日本で怪奇現象に

遭遇する確率が最も高いのは

警察官だと思う

 

まあ警神に守られてんのか知らんが

霊障に合ったお巡りさんの話は

あんま聞かないけど

 

俺の親父さんは警官だから

怪談いっぱい知ってていろいろ話してくれたんだ

その中のひとつにこんな話がある

S御用邸の警備をしていた警備隊の話

警備隊員がモニター室で

監視カメラの映像を確認してたら

 

御用邸の敷地内の映像に

なにか白い影がボヮーって感じで

浮き上がってきたんだって

 

侵入者かと思ったんだけど、

その影は海の中から浮き上がってきて

そのまま海の上で静止してたんだって

 

なんだろうなと思ってたんだけど、

敷地内の警備は皇宮警察の管轄だから

皇宮警察の人に無線で連絡した

 

そしたら皇宮警察の人らも

その影に気づいてたみたいで

警備犬数頭を連れて

 

皇宮警察官が確認に向かうとこで、

そっちも監視カメラを

しっかり見て誘導してほしい

と言ってきたから警備隊の人たちも

警戒を強化しながら

その影が映ってる映像を見てたらしい

 

数分くらいで皇宮警察官数人が

警備犬(シェパード数頭)を連れて

その影に近づいていったらしい

 

警備隊の人達が

あと何メートルくらいとか無線で伝えて、

現場の警官もそれにしたがって

その影に近づいて行った

 

影のすぐ近くまで来たところで

犬が急に何かにビビッて止まってしまったそうな

 

仕方ないから警察官たちだけで

現場に行ったんだって

 

それで警官たちは

影まで数メートルのところにまできたらしい

 

「なんですかそれは?」

と警備隊の警官が無線で聞いたそうだが

 

現場にいる皇宮警察官は

「なにもいませんよ?」

と無線で返してきた

 

そんなはずない映像では

確かにあなたたちの前に

何かが写ってますよと言っても

 

現場の警官は

何も確認できませんって言ってきたんだって

そうこうしてると、

その白い影はゆっくり

海の中に戻って行ったんだって

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)