【怖い話】2人の子供の山の神様

怖いと言うか不思議な体験談。

 

地元に岩肌剥き出しの山があって、

その山の中には

注連縄が張られた洞穴がある。

 

村祭りに使用した道具類

(榊の枝や藁細工等)は、

この洞穴に捨てる習わしとなっている。

 

昔から、洞穴には山の神と

その子供が住んでいると言われ、

捨てられた祭り道具を

山の神が子供に与えては、

遊ばせていると言う。

 

だから祭り道具(特に藁細工)は、

子供が喜びそうな物に

仕上げなければならない。

小六の時、

洞穴付近で不思議な子供を見た。

 

お婆ちゃんと一緒に山菜取りをしていると、

子供の笑い声が聞こえた。

 

笑い声のする方へ行ってみると、

洞穴の入口前の広場で

二人の子供が楽しそうに遊んでいた。

 

一人は榊の枝を振り回し、

もう一人は藁細工を持って、

木から木へと、

山の岩肌から岩肌へと、

ピョンピョン跳び回っていた。

 

それは人間の子供には

とても真似出来ない動きで、

その華麗な動きに

思わず魅とれてしまった。

 

「お~い、○○(俺の名前)」と、

後ろからお婆ちゃんの呼ぶ声がする。

 

その声に驚いたのか、

二人の子供は気付いた時には

もう姿を消していた。

 

合流したお婆ちゃんにこの事を話すと、

そんな子供の声なんて

聞こえなかったと驚いていた。

 

その後、良い物を見たねえ~

と頭を撫でてくれた。

 

それ以来、

ちょくちょく洞穴まで行ってみるも、

子供達には二度と会える事はなかった。

ちなみに、

洞穴の奥には山の神を祭る石の祠があり、

祠の中には山の神の姿を彫った

石碑が納められている。

 

その姿は中央に女性が、

左右には子供達が一人ずつ居て、

女性にしがみつく様に彫られていると言う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)