【怖い話】突然、親父が登山をやめた理由

自分の親は70過ぎで

今は山登っていないが、

昔は富士山に冬登るような

自称アルピニストだった。

 

今でも凍傷でなくなった足の小指を

勲章のようにしている。

 

今でも運動はしてるし

俺よりも体力のあるような親父だが、

あんなに好きだった山登りは

一切しなくなったんだ。

 

まぁある程度の加齢での体力の衰えとか

そういうのはあっただろうが

何でかなーと思い、

つい最近実家に帰った時に

興味半分で聞いたのだが、

怖いというか不思議というか

とても興味深かった。

親父が山登りをきっぱりと止めたのは60台後半、

夏の高天原山だった。

 

親父からしたら軽い山で、

テレビで日航機慰霊の話を見て、

登ったことなかったから、

ハイキングがてらに

登りに行こうと思ったらしい。

 

夏山のいつも通りの登山スタイルで登って行き、

何もアクシデントがあるわけでもなく順長に登り、

慰霊碑に着いた。

 

少し休んで別の道で帰って

どこかで一泊しようかと思い

休憩していると、

何か得体のしれない恐怖に襲われた。

 

例えるのなら雪山で雪だまりに

足を突っ込んだような、

アイスピッケルが外れてしまうような、

俺にはわからないが、

山男にしかわからない感覚を味わったそうだ。

 

これはマズイなと思った親父は立ち上がり、

足早にそこを立ち去ろうと思った時、

絶対に何もなかった場所に躓いた。

 

自分の体が宙に浮き、

ハッっと目覚めた時は

近くの休憩所の椅子の上だったらしい。

 

「休憩中に熱中症で倒れたんだよ」

と言われたが、

親父は頑なに否定した。

 

確かに親父は熱中症には

絶対の注意を払っていたし、

その時も塩分や水分・体温なども

問題がなかった。

 

しかし倒れたのは倒れたのだし、

大事をとって病院に行き、

無問題の健康体診断をもらって

家に帰宅して、

登山荷物を片付けていたところ、

お守りに持っている

コンパス(ガラス製の高いもの)が、

硬い容器に入っていたはずなのに、

中身だけがぐちゃぐちゃになっていたそうだ。

 

「もう2度目はないな」

親父は何かを悟って、

山登りをやめたらしい。

 

今でもそれが何かってのは

わからないらしいが、

「次登ったら俺は多分2度と生きては

帰ってこれないんじゃないかな」

なんて笑いながら言ってた。

 

そんな親父は今、

こんがり日焼けをする

サーフボーイになってる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)