【怖い話】千里眼をもった全盲の曾爺さん

親父曰く、

うちの曾爺さん全盲だったのよ。

先天性じゃないよ。

 

でも、何処行くでも杖なしで歩いていったらしいし、

昔のパチンコもやってたらしい。

 

当時最新のヤマハのMate?まで所有。
ブイブイ乗り回していたらしいのだ。

 

親父も子供の頃に運転を習ったくらい。

言われて気付くような

全盲だったらしいのよ。

なぜか全盲の割には、

探し物をすぐ見つける特技があったらしい。

 

近所の人にも

頼まれることが多かったそうな。

 

何を無くし、

何処を探せば見つかる、

という事が分かったとの事。

 

所謂千里眼っぽいのだが、

曾爺さんは千里眼を否定していた。

何故なら宗教が嫌いだったから。

まぁ、なんとも言い難い曾爺さんだったわけだ。

 

そんな曾爺さんも寄る年波には敵わず、

他界してしまうのだが、

親族集めて最後の遺言が、

「新興宗教だけには入るなよ!」

だったらしい。

 

「宗教ってのは

もう1000年以上前に完成されたもので、

今更若造が何を語るか!

金を取るのが仕事の新興宗教は直の事!」

だそうな。

今の世の中を生きていたら憤死もんだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)