【怖い話】水子供養のお寺に肝試し

今から17年位前の出来事です。

兵庫県の加西市に、

一乗寺と言う

水子供養のお寺があります。

 

そのお寺は山の上にあって、

ふもとから階段を登る、

地元では有名な

心霊スポットの場所です。

 

高校3年の就職組で

勉強もすることもなく、

卒業を待つだけの時間に余裕があり、

仲の良い友達と

毎晩の様に遊びほけていた。

ある時、俺(T)が

車の免許を取っていて、

「今日はスリリングな夜を味わいたい!

肝試しに行こう!」

と友達3人を誘い、

一乗寺に行く事になりました。

 

その時、僕はバイトをしていて、

バイトが終わってから

晩御飯を食べてすぐさま遊びに行ったので、

時間は23時位だった思います。

 

助手席はH君、

後部座席の2人はM君とS君です。

 

道中迷い、

深夜0時30分には

一乗寺のふもとに着いたと思います。

 

ふもとの広場に車を止め、

やっぱり怖いので足がすくんでいた時、

1台の車と2台の単車(ヤンキーが乗る様な)

があるのに気づきました。

 

H「先客が居るで」

S「女の子も居るで、

山の頂上付近でキャーキャー聞こえるわ」

M「ヤンキーでも怖がるねんな!?

男もキャーキャー言ってるで」

俺「どうする?

俺達だけやったら怖いから一緒に後を付いて、

怖さ紛らわすか?」

H「そうしよう」

俺「急ごう!」

早足になりました。

 

一乗寺は夜間侵入者を防ぐ為、

いたる所にサーチライトをしかけてありました。

 

懐中電灯も持たず来た俺たちには都合が良かった。

階段の中腹には

3つ4つ小さなお寺がありましたが

目もくれず、

ヤンキー達に合流したかったので、

早足で階段を登っていました。

 

頂上ではまだヤンキー達の声が、

「見てん、地蔵ぎょうさん並んでて気持ち悪いわ」
俺達が頂上付近に辿り着いた時は、

ヤンキー達は堪能したのか、

「そろそろ降りよう」と、

山を下る準備をしていました。

 

Hがヤンキー達に

「怖い箇所ありましたか?」

ヤンキーの女子が、

「もうチョット上の方、

地蔵1体、頭無いのがあるで。

あと、コケぎょうさん生えてるから、

コケルで。気つけや!」

俺達は「ありがとうございます」

って返して、

見送っていました。

 

ヤンキー達の姿が見えなくなった時、

S「25才位の、おっさん、おばはんやん」

M「え~歳してヤン車で暴走すなよ!」

って、けなして笑った記憶があります。

 

H「どれどれ?おばはんの言ってた、

お地蔵さんどれや!?」

って探していたのですが見当たらず。

 

確かにお地蔵さんは

たくさんあるのですが・・・

 

もうその頃には、

先客のヤンキーにも触れ合えたし、

怖さや緊張感が無かった。

 

結構な時間、

頂上付近で頭の無いお地蔵さん

探したのですが見当たらず、

降りようと考えていた時・・・

 

下の方から

「ブオン、ブオン、ブオン、ブオン・・・」と、

ヤンキー達がふもとに着いて、

単車のエンジンをふかしている音が聞こえた。

 

俺「しらけた、スリリングな気持ちにならん。

もう降りよう」

 

H「そやな、もう怖く無いし。

早足で階段登って足だるいから、

すっくり降りよ」

と、山を降りる事にした。

 

登る時に見過ごした3,4個の

小さなお寺も見ながら

降りて行ったのですが、

相変わらずヤンキーの単車が

「ブオン、ブオン、ブオン、ブオン・・・」。

S「祟られるぞ!罰あたりが!」

今考えると、

充分俺達も罰当たりな事してるし、

スリリングを味わいたいが為に、

水子供養の寺を夜中に散策してるし。

 

もうすぐふもとって

気がゆるんだ時、

女の声で「キャーーーー」って、

下のふもとから聞こえた。

 

男の声で「うわー」

「やばい、逃げろ」

って声もしてきた。

 

俺達内心、

近所の苦情で警察が来たなって

思っていました。

 

M「だいぶん長い間バイクでふかしてたから、

警察もそら来るわ!」

S「ほら罰当たったわ」

俺達がふもとに着いた時、

単車が一台エンジンが掛かったまま

倒れていたのが目に付いた。

 

H「逃げるのに相当必死やったみたいやな!?

単車捨てて逃げたみたいやな」

 

S「罰当たったんや」

M「せっかくやから、

ちょっと単車乗る?」

 

俺「そやな。

警察ちょっとの間、

来ないやろうから乗るか」

 

って、俺が単車を触ろうと単車に近づいた時、

SがMにゴソゴソと

耳打ちしてるのにも目に入った。

 

すぐしてMの顔がコワバッテきた。

怯えている感じだった。

 

俺はお構いないに

単車に触ろうとした瞬間、

Hが「T!帰るぞ!!」と、

大きな声で怒鳴った。

 

Mが「ちょっと、やばいって!」

と怯えながら、

震える足でゆっくりゆっくり

俺の車に戻ろうとしていた。

 

Sが「T!車の鍵出して

すぐ車のエンジン掛ける様にしとけ。

車戻るぞ!!」

 

俺はわけが分からず、

でも友達の顔がこわばって、

尋常で無い事は察したので、

急いで車の鍵を開け飛び乗った。

 

S「早くエンジン掛けろ」

M「早く掛けろって」

皆から急かされているんだけど、

俺も車の免許取立てで、

夜中で車内真っ暗で、

鍵が鍵穴になかなか入らない。

 

モタモタ・・・

皆が気が狂いだして、

「早く!!」

「早く!!車出してくれ!!」

それでもモタモタ・・・

そんな中、

Mが「やばい!コッチ来た!!」。

Sも後ろを振り返り、

「T!すぐそこ居るネン!!

早く車出せ!!」。

尋常では無いほど皆が焦って、

気が動転していた。

 

そんな中やっと鍵穴に鍵が入り、

エンジンを掛け、

急発進させる事が出来た。

M「やばかったって!T!

単車がこけていたすぐ横の電話ボックスに、

人が居ったん気付かんかった?」

H「人では無い」

Sは後ろを気にして、

ず~っと後ろを見ている。

俺「全然見えへんかったで!どんな人?」

H「透けている女の人」

M「車乗った瞬間、

追わえて来たん、

かなり焦ってわ」

 

Sはまだ気が動転してて黙り込んでいる。

俺「見えへんって、逆に怖いヤン」

H「単車に触ろうとしたから、

Tが一番近くにまでいたんやで!」

俺「怖すぎるやん。

電話ボックスもチャンと見たけど、

そんな人居らんかったし」

Sの気も落ち着いたのか、

「多分あのヤンキーの人も、

あの女の人見て逃げたんやで・・・」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)