【怖い話】山の中にある証明写真撮影記

出張で長野に行った時の事。

地方って言い方をすると

失礼なのかも知れないけれど、

長野に限らず車が生活に密着した所って、

自動販売機が大量に置いてある所が

あるじゃないですか?

 

街中に限らず、

山の中の「どっから電気引いてるんだ?」

みたいな突拍子もない場所でも、

自動販売機がズラーっと並んでいて、

休憩を兼ねてたまに利用するんですが…

 

その日の仕事を無事に終えたんだけど、

もうすっかり日も暮れてしまって、

腹減ったなぁ…

とか考えながら、

駅前にあるビジネスホテルに向かって、

夜の山道を車を走らせていた。

 

初めて行った場所なもんで、

ルートは完全にカーナビ頼り。

 

来た道とルート違うじゃん

って思いながらも、

ナビ通りに山道を進んでいたら、

進行方向に明かりが見え、

近づくにつれて自販機が並んでいるのがわかった。

 

まだ1時間近くかかるし、

コーヒーでも買うかって思って、

車を自販機前のスペースに滑り込ませて、

財布を持って車降りたのね。

 

コーヒーを買ったら

すぐに移動するつもりだったから、

当然エンジンは掛けっ放しでさ。

 

こういう自販機って、

地方独自の業者が

管理しているからか知らないけど、

自販機に飲料メーカーのロゴもないし、

色んなメーカーの飲み物が

ごっちゃに入れられてるじゃないですか。

 

お目当ての

冷たい無糖ブラックコーヒーを買って、

物珍しげに

そのラインナップを眺めていたら、

自販機が列になっている一番端に、

変な機械があるのに気づいたんだ。

 

変な機械っていうのは

正確な表現じゃないんだろうけど、

街中で普通に見かける、

インスタントの証明写真撮影機があるのよ。

 

ライトも点いているから

稼動していると思うんだけど、

山道の自販機群の中に、

証明写真撮影機が

混じっているのが違和感あってさ。

 

なんでこんなもんが?

って思いながら、

証明写真撮影機の方に

一歩足を踏み出そうと…した足を止めた。

 

あの機械って、

中に入るところに

カーテンがついてるじゃないですか?

 

それが閉まっているのは

普通だと思うんだけど…

中に誰かいるんですよ。

 

あのカーテンって

中に誰かがいたらわかるように、

足元の方が見えるぐらいの

長さしかないんだけど、

そこから足が見える。

 

隣の飲料用自販機の明かりに照らされて、

間違いなく男性の

がっしりとした足が見える。

それも裸足。

「………」

誰か(何か?)が入っている

証明写真撮影機の方を見ながら、

車の方に後ずさりする。

 

自販機前のスペースは

砂利が敷いてあって、

一歩後ずさりをするごとに

立てなくていい音を立てるけど、

写真撮影機の中の足は

微動だにしない。

 

何で裸足なんだ???

ここには俺の車しか止まってない。

 

次々と湧き上がる違和感と、

膨れ上がる恐怖を抑えながら、

なるべく音を立てないよう

慎重かつ素早く、

無神経にアイドリング音を上げている

車に向かって後ずさりを続ける。

 

何とか車まで近づき、

運転席のドアを開けようとした時、

証明写真撮影機の

中ほどにあるランプが稼動して、

「…カタン」という音がした。

「……!!」

声にならない悲鳴を上げて、

エンジンの掛かった車に飛び乗る。

 

来るな!!来るな!!

って必死に念じながら、

思いっきりアクセルを踏み込み、

自販機前の駐車スペースから

道路に向かって車を急発進。

 

事故らないように

全力でハンドル操作をする。

 

ちらっとバックミラーで後方を伺うと、

自販機の光が遠ざかっているのが見える。

何かが追いかけてくる様子もない。

 

それでも安心する事が出来ずに、

自販機の光が完全に消え去るまで

スピードを緩めずに、

ハンドルにかじりつくようにして

車を走らせ続けた。

 

人心地ついたのは、

周囲に民家の明かりが見え始めてから。

 

あの音…

証明写真が出てきた音だよなぁ…

 

何が写っていたんだろう?

と思わない訳でもなかったが、

立ち寄ったコンビニで、

封を開けていない缶コーヒーと共に

その思いを投げ捨て、

店内で新たに缶コーヒーを買いなおし、

ホテルに向かって車を走らせた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)