【怖い話】チェーン規制の場所にいたおじさん

今日の20:30頃、

福岡の中間市で

映画を観た帰りに、

車で犬鳴峠を通った時のこと。

 

結構雪が降ってて、

路肩の看板にも

『犬鳴峠チェーン規制』

の文字が出てた。

 

ただ、そのとき雪は

降り始めたばかりで、

まだ大して積もってないだろうから

大丈夫だろうと思って、

そのまま通行しようとしたら、

黄色いヘルメットに青い合羽、

赤い誘導灯を持ったオジサンに

路肩の安全地帯に誘導され、

「ここからはチェーン付けて走って。

危ないから」と言われ、

面倒くせえな~と思いながら、

雪の降る中チェーンを付けることに。

付け終わって

「ふぅ~」と一息ついたところで、

オジサンがいなくなってることに気付いた。

 

どこか別の場所で

チェーンつけるように

指導とかやってるのかなーと思いつつ、

うっすらと雪が積もり始めた

道路を見てふと気がついた。

 

オジサンの足跡が何処にも無い。

あるのは自分の足跡と

車のタイヤの跡だけ。

 

雪が積もってない車道の真ん中を歩いて

何処かに移動したのかと思ったが、

俺を誘導する時に

オジサンが立ってた辺りにすら

足跡が1つも無かった・・・

 

それに気付いた瞬間、

寒さとは違う

ゾクゾクッとしたものを感じて、

大急ぎで車に乗り込んで車を走らせた。

 

まあ、それ以降は何事もなく

無事に帰宅できたが。

ちなみにチェーンつけて

走ってたのは俺だけで、

ちょっと恥ずかしかったw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)