【怖い話】引き離したボロボロに朽ちた雛人形

先日、田舎住まいの親戚が

蔵を整理すると言うので、

見に行ってみた。

埃だらけの蔵の中、

ボロボロに朽ちた雛人形が……

 

ここでドン引きしたら

人形者の名が廃るとばかり、

親戚に断って雛を引き取ってきた。

 

雛さんだけ。

内裏さんは原型とどめていなかったから。

で、持ち帰って

何週間かかけてメンテして、

やっと見場が良くなったころ…

 

昼寝中、金縛りにあった。

金縛り中、

シャンシャンと小さな音といっしょに、

なにか甲高い声が聞こえてきた。

 

何を言っているのかはわからないけれど、

ヒステリックに怒っている感じ。

 

そのうち足先や指先から痺れてきて、

首から下の感覚が麻痺。

 

泣きそうに怖かったけど、

金縛りなんで

どうする事もできず耐えていたんだけど、

そのうち眠ってしまったらしい。

(気絶したような気もしなくもない)

 

気が付いたら夜中。

金縛りの理由を考えて、

「やっぱり雛?」

の結論に達した為、

親戚に電話してみた。

(深夜なのに)

 

親戚いわく、

蔵整理で出たゴミは

焼いてしまったとのこと。

当然、朽ち果てていた

お内裏さんとその他家来たちも…。

電話を切って、

さてどうしようかと自室に戻ったら、

雛が棚から落下していた。

 

首が抜け、

首だけ部屋の入り口に転がってきていた。

再び気絶しかける。

……これは雛の意思表示だろうと、

後日、親戚の家に持参し、

親戚と相談の上で焼きました。

 

焼いた跡に甘酒と桃をお供えし、

丁重に謝りました。

 

やっぱ、セット物を引き離しちゃいかん、

と言う事ですかね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)