【怖い話】担架を担いだ救助隊

おれのじいちゃんは、

3ヶ月に1回は山に登る山好き。

 

それは11月、

東北のほうの冬山、

名山といわれる有名な山だ。

 

ベテランのじいちゃんも、

登り始めるときは

強い緊張感に襲われる。

 

その時も、

かなりの緊張とワクワクで

気分が高揚していた。

 

朝の4時に登り始め、

お昼に登頂する。

 

そして、午後4時には下山する

日程を組んでいた。

 

朝4時の冬山は

かなりひんやりとして静かで、

じいちゃんは朝の山が

一番好きだった。

その朝の冬山を満喫しながら

登っていると、

担架をもった山岳救助隊4人とすれ違った

 

その救助隊は担架に

何も乗せていなかったが、

さも何かが乗っているかのように

4人で担架を担いでいた。

 

じいちゃんは訓練か何かかと思い、

「ごくろうさん」

と一言かけてすれ違った。

 

その救助隊たちも

頭を下げてすれ違っていった。

 

その後、なにごともなく無事に頂上についたが、

予定を2時間ほど

オーバーしていることにあせりを感じ、

急いで下山を始めた。

中腹辺りにさしかかったころ、

日は落ち始め暗くなりだした。

 

その時だいぶ遠くから、

オレンジ色のものが登ってくるのが見えた。

「ん・・救助隊か?」

なにか事故でもあったのか・・・

そいいえば、

朝も救助隊にすれ違ったな。

 

思い返してみると朝すれ違ったとき、

雰囲気がおかしかったな。

 

たいてい救助隊は、

登山者と軽い会話をすることが習慣になっているが、

4人はただうなずくだけだった。

 

しかもその4人は、

朝すれ違った救助隊と

同じように見えた。

 

少し無気味になったじいちゃんは、

近づいてくる救助隊に

恐怖を感じ始めた。

 

じいちゃんは、

救助隊に思い切って

話し掛けてみる事にした。

 

徐々に近づいてくる救助隊。

ふと不審な点に気づいた。

担架に人が乗っている・・・

ありえない。

 

担架に人を乗せて山を登ることなど、

どうか考えてもおかしい。

 

顔が派別できるところまで来ると、

じいちゃんは歩みを止めた。

朝すれ違ったのと同じ救助隊・・・

 

担架には明らかに人間が乗っているが、

毛布が巻いてあって直接は見えない。

 

じいちゃんは意を決して

話し掛けようとしたが、

足が震え声も出なかった。

 

救助隊はじいちゃんの横を

平然と通り過ぎて、

頂上へ向かっていった。

 

そこでじいちゃんは、

直感的に感じた。

次は俺か・・・

 

 

あの救助隊が頂上から降りてくるときに、

俺と鉢合わせたら大変な事になる・・・

いままでにないくらい急いで

下山を始めた。

 

登山は登るよりも

下山するほうが危険という基本も忘れて、

ただただ急いだ。

 

だがいくら登山好きとはいえ、

老いたからだで

そんなに早く下山できるわけもなく、

すぐにペースダウンし、

じいちゃんも冷静に考え始めた。

俺の思い込みだ。

 

そんな話があるはずもない。

訓練で山を上り下りしてるだけだ。

 

冷静にならないと

取り返しのつかない事故になるぞ。

 

自分にそう言い聞かせ、

ゆっくり下山を始めた。

 

順調に歩いていると、

後ろに嫌な気配を感じ振り返った。

 

救助隊だ・・

担架を担いで、

後ろを下山してきている。

 

じいちゃんは意識しないようにして、

平然と彼らをやり過ごす事にした。

 

だが、近づいてきてるのを考えると、

足が震え今にもちびりそうだった。

 

救助隊は、

前と同じように何もいわないで、

静かに異様な雰囲気を漂わせながら、

じいちゃんの横を通り過ぎていった。

 

担架に何か乗っている・・・

その時じいちゃんは、

はっきりと担架に乗っているものを見た。
じいちゃんは、

それが何なのかを最後まで教えてくれなかった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)