【怖い話】山岳地帯ので不可思議な出来事

私はある国で勤務している

大使館員です。

 

もちろん、

いまは海外からアクセスしています。

今年の夏、

家族(妻、子供(5歳、3歳))を

車にのせて、

国境の山岳地帯に

夏休みの旅行にでかけました。

 

世界でも有名な山の隣町です。

観光シーズンだったのですが、

事前にホテルを予約していたので、

何の問題もなく

旅行を楽しんでいたのですが、

明日そこを出発しようとする日、

それは起こったのです。

その日は午前中、

ホテルの付近の山を散策していました。

 

昼になり、

家内が突然

「○○山(有名な山)を見に行きたい」

と言い出しました。

 

その山はケーブルカーで

山頂近くまでいけるのですが、

以前一度登ったことがあるので、

私は乗り気ではありませんでした。

 

しかし、家内があまりにしつこく言うので、

車を30分ほどとばして

その山まで行ったのです。

ケーブルカーを登っていると、

途中から天候が荒れてきて

視界が悪くなり、

ケーブルカーでも休憩所でも

観光客は私達だけでした。

 

それでも、

「こんなふうに山を

独占できる機会はそうないね」と、

家族で写真をとったりしながら

数時間を過ごし、

山を下りてホテルに戻りました。

 
満車に近いホテルの駐車場に

車を入れてすぐ、

もっと良い場所が空いたので

車を回そうとしたのですが、

なぜだかエンジンが全くかかりません。

うんともすんとも言わないのです。

 

もう夕方でその日はどうしようもなく、

食事をして

(最後の日になるはずの)

ホテルでゆっくりとしていました。

ところが、どうにも部屋が

気持ち悪いのです。

 

ベッドの上でいろいろと考えてみると、

そういえばこのホテルに着いてから、

妙に寝付きが悪いことを

思い出しました。

 

毎日、毎日、

人が死ぬ夢を見ているのです。

 

隣の家内にそれを話すと、

「不思議だ、自分も同じだ」

と言います。

 

家内が続けて言うには、

「このホテルに着いた初日、

真っ赤な朝焼けで起きた。

あんまり綺麗だったので、

もう一度見ようと思い

毎朝早く目を覚ましているのだが、

今考えると、

窓は北向きで不思議だ。

遮光カーテンを通しても

窓のサンが壁に映っていたが、

そんなことってあるのだろうか…」

と言い出しました。

 

そこで、びくっとしました。

不意に部屋の電話が鳴りだしたのです。

とると無言電話でした。

時間は12時すぎです。

こわくなってきたので、

もう寝ることにしました。

 

でも、やはり見た夢は

人が死ぬ夢でした。

 

全身汗をかいて目が覚めると、

時間は2時半ころ。

 

うつらうつらしながら考えました。

なぜ、毎日人が死ぬ夢ばかりみるんだろ。

もしかしたら、

誰かが本当に死んでいるのかも…

そう思った瞬間です。

 

全身がぞくぞくっとして

(こんなことは初めてなのですが)、

身体がいわゆる金縛りのようになり、

目の前が真っ白になりました。

 

そして光の中から、

一人の男の顔が

こちらに近づいてきたのです。

 

光が強くて輪郭だけしかわかりませんでしたが、

30歳前の若い感じでした。

 

そして彼は私に話しかけるのです。

それが不思議なんですが、

早送りの映画の字幕を見ているみたいというか、

イメージが目の前に溢れてくる感じでした。

 

彼は言ったことをまとめれば、

次のようでした。

 

「お前の車は動かない。

しばらくウチには帰れないだろうが、

ずっとここにいなければいけなかった

俺の気持ちが分かるか?

俺はお前みたいに

子供を持つこともできないうちに、

こんなことになってしまったんだ」

 

書いているうちに、

当時のことを思い出して

身体が固くなってきたので、

ゆっくりと書きます。

 

この話は、

関係者の方もおられる話なので、

公にするのは不謹慎かもしれせんが、

なぜだか多くの方にお話しすることが、

自分の役割のような気がするのです。

 

決して事件を面白ろ可笑しく

仕立てるつもりはありません。

 

また、関係者の方が

もしこれを読んでおられたら、

本当に申し訳ありませんが、

ご容赦のほどお願い申し上げます。

続けます。

 

そこまで彼が言い終わったとき、

ふっと身体の固まりがとれました。

 

不思議とその直後は冷静で、

隣にいた家内に声をかけました。

「起きている?

今ものすごいことが起きた…」

そこまで話した時、

ふと誰かが窓から見ている気がしました。

 

窓を見ると、

完全には閉じていなかった

遮光カーテンの隙間から、

真っ赤な街灯が見えます。

 

街灯?それは狂ったように、

窓の周りをぐるぐるとまわっています。

ひとだま?

家内と窓を凝視したまま、

身体が固まってしまいました。

恐る恐るカーテンをあけると、

窓の外はうごめく赤い火の玉で一杯でした。

 

急にものすごい恐怖心に襲われました。

なぜだか喉が無性に

かわいている自分に気付き、

置いておいた1リットル近い

ミネラルウオーターボトルを

一気のみしました。

 

子供は大丈夫だろうか?

急に続き部屋に寝ている子供が

急に心配になり、

家内と二人で子供のベッドに走りました。

 

幸い、子供はすやすやと寝ていましたが、

もう自分のベッドに戻る気もしないので、

そのまま添い寝をしようと

寝ころんだ瞬間、

二回目の金縛りにあい、

光の中から

再び彼が目の前に現れました。

 

彼は言いました。

「山に登る人間が、

山で死ねば本望だというのは嘘だ。

自分は早く日本に帰りたかったんだ」

突然電話のベルが鳴り、

私は正気に戻りました。

 

隣では家内の顔が

恐怖でひきつっています。

電話をとると…

やはり無言電話でした。

 

そして三回目の金縛りにあい、

今度は彼は言いました。

「いろいろ迷惑をかけてすまないけど、

僕(俺でなくて僕と言いました)は

本当は悪い人間じゃないんだ」

金縛りが解けて、

私は家内に言いました。

「悪い人じゃないって言っているよ…」

言った瞬間、

ビシビシビシと部屋中から

家鳴りがして、

家鳴りは朝まで続き、

ほとんど眠れないまま

家族で夜を明かしました。

翌朝になって、

ホテルのフロント頼んで

車の修理業者を呼んで貰いました。

 

一応念のためフロントに確認しましたが、

やはり誰も私の部屋に

電話しなかったということでした。

 

昼近くになっても

車は直りません。

 

その日は午後にも出発し、

次の目的地の海岸に

行く予定でしたので、

修理業者に確認すると、

故障している理由が判らないといいます。

 

ようやく夕方になって

修理業者から電話があり、

車の鍵穴が壊れていて

スターターが回りっぱなしになり

焼き切れている、

何か無理なことはしたのか?

 

部品を取り寄せるから

修理には2日かかる、

ということでした。

 

ホテルの方が、

なぜだか私の次に同じ部屋に泊まる客が

体調不良でキャンセルになったとのことで、

再び同じ部屋に

泊まることになりました。

 

幸いその後の2日間は何もなく、

車もどうにか直って、

2日遅れで次の目的地の

海岸街に着きました。

 

その街で、

別途休暇を取っていた

同僚一家と一緒になり、

食事を共にしながら

2日前の出来事を話すと、

彼は青くなって聞き返しました。

 

「それって何日のこと?君知らないの?

その日、遭難していた

日本人登山者の遺体が、

30年ぶりに発見されたんだよ」

 

ちょうど家族で

ケーブルカーで登った山から、

全く同じ時間に、

氷河の中から日本人登山者の遺体が

発見されていました。

 

遺体は約30年かけて

氷河とともに1000メートル下り、

地元の警察に発見されたのでした。

 

その方のお名前は、

私の長男の名前と同じでした。

同僚は強く言いました。

 

「今、地元の総領事官が

遺族と連絡をとっているが、

この話は担当者に話しておいた方がいいと思う。

何だかそんな気がする」

 

しかし私は、

こんな話を皆にすればするほど、

何だか自分が馬鹿に思われそうで、

同僚の忠告を

話し半分に聞いていました。

 

翌日、海岸で子供を遊ばせている頃には、

その忠告のことは

すっかり忘れていました。

予想外のトラブルがあったため、

明日はもう休暇の最終日。

海のバカンスはたった一日だけでした。

 

家族とホテルのテラスで夕食をとりながら、

「それにしても不思議な旅だった」

と振り返り、

でもまあ、あまり人に話すと

変だと思われるから、

地元の総領事館に

電話するのはやめておこう、

と話しかけた瞬間、

ズボンのポケットに入れておいたカメラが

足下の砂浜に落ち、

綺麗に真っ二つに割れました。

 

海の休暇の写真は

ダメになってしまいました。

おいおい、

と思いながら夕食を終えて

エレベーターに乗り込むと、

ボタンを押してもないのに動き出し、

開いた扉の目の前には、

山のホテルと同じ部屋番号がありました。

 

家内はすでにそうとう怯えていましたが、

何とか気を取り直し、

翌日出発しようと

車の鍵を回すと…

動きません。

 

何度やっても動きません。

前と同じ症状です。

いやもっと酷いようです。

 

ホテルを通じて

修理業者を呼ぶと、

予想していたとおり、

巨大な力で鍵穴がねじ曲がっていて、

スターターが粉砕されている。

 

酷い状況なので修理には数日かかる、

ということでした。

 

電車で家に戻ろうと駅に問い合わせても、

翌日の便しかないとのこと。

 

どうしようもないと諦めて、

職場の大使館の上司の許可をとり、

休暇を一日延ばすことにしました。

そしていろいろ考えるうちに、

もしかしたら総領事館の担当者に

連絡を入れないから、

いつまでもこんな目に

巻き込まれているのかもしれない、

被害者は、

遺族に自分のメッセージを

伝えたいのかもしれない、

と思うようになりました。

 

翌朝一番で総領事館に電話をしました。

休暇中の職員が多い中で、

残っている担当者は

この案件でてんてこ舞いのようでした。

 

幸い知り合いの領事が担当でした。

これまでの経緯を話したところ、

相当驚いており、

「数日後に遺族の方が

こちらに来るので話しておく」

と言われました。

そして電車を使って

どうにか家へ戻りほっとしましたが、

車は修理工場に置いてきたままです。

 

3日位で直るというはずが、

何日たっても直りません。

 

毎日催促しているうちに、

工場の担当者が

「注文した部品が届いたが、

みると箱の中が空だったので

再注文している」

などと言い出す始末です。

そんな中、

総領事館の担当者から

電話がかかってきました。

 

「2日後にご遺族が

こちらにくることになったが、

ご遺族は君と話したがっている。

どうやらご遺族も、

日本で不思議な体験をされているようだ」

との連絡を受けました。

そして、ご遺族が

当地に来られる前の日のことです。

 

夜も12時になろうという時、

一本の電話がかかってきました。

 

起きていた家内が電話をとり、

しばらくして青い顔でやってきました。

 

何か変な電話。

無言なんだけれど、

電話の向こうから

ウチの中の音が聞こえる…。

 

私がかわって聞いてみると、たしかに、

ウチには変わった音のする

時計があるのですが、

その時計がなる音が

電話の向こうからします。

 

しばらく家内が

我慢比べのように電話を聞いていましたが、

突然「ひやぁ」と素っ頓狂な声をあげました。

 

低い男の声で

「さよなうなら」

って言われて電話が切れた、

というのです。

 
翌朝、修理工場から、

車が直ったとの連絡がありました。

 

出来過ぎたような話ですが、

電車に乗って取りに行くと、

確かに直っていました。

その後、総領事館のはからいで、

ご遺族の方と電話で話しました。

 

遭難者のご両親は既に亡くなり、

弟さんと、当時一緒だった

パーティーの方が来られていました。

 

遭難者は当時20歳代前半の方でした。

ご遺族の方に一通り

体験したことをお話しすると、

しばしの間のあと、

「今日は彼の言葉が聞けて本当によかった。

自分たちがもう遺体を引き取って

帰るのでご安心下さい」

とのことでした。

当時、浮き石に足を取られて

滑落した被害者は、

大きなクレパスに落ちたそうです。

 

クレパスは非常に危険なため、

クレパス中に食料一式を落とし、

救助活動は即日

打ち切りとなったそうです。

 

一緒に滑落し、

ロープに腕がひっかかって

助かった当時一緒のパーティーの方は、

「今までなんともなかった腕が、

今年の滑落した日から

突然腫れ上がったが、

ミイラ化した遺体と対面して、

腫れがうそのように消えた」

とのことでした。

 

中には「夏頃日本に帰るから」と、

本人が夢枕に立った方もおられました。

それからは、

私の身の回りには何も起きていません。

 

なぜ自分がこのような目にあったかは

良くわかりませんが、

自分の“役目”は果たせたような気がしています。

 

長い時間おつきあい下さり、

皆様本当にありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)