【怖い話】柔道の練習中に・・・

高校の頃、

柔道部に入っていた時の話。

打ち込みという技を

かけるまでの動きの練習があって、

それは筋トレの合間にやったりするんだ。

 

手が空いてる人がいる時は人と、

一人の時は、

畳から150cm位上の窓と窓の間にある

柱に自転車のチューブを引っ掛けて行う。

その日も俺は、

筋トレの合間に一人で打ち込みをしていた。

 

ある程度回数をこなし休憩。

そして、何となくチューブを引っ掛けている

柱を2つほど隣に変えた。

 

特に何かを感じたというわけでもなく

本当に気紛れ。

そして、場所を変えて

すぐ打ち込みを再開した途端、

自分がついさっきまで

練習をしていた所の窓が盛大に割れた。

 

自分の高校の武道場は

グラウンドと隣接しており、

サッカー部のボールで割れたようだった。

 

幸い割れた瞬間に

自分以外その窓周辺に人はおらず、

自分含めて怪我人もいなかった。

 

ボールはそのまま武道場に飛び込んで、

窓も大小細かくバラバラになっていた。

もし自分が同じ場所にいたら

失明していたかもしれない。

 

そう思うと、

何故自分は唐突に場所を変えたのか、

かなり不思議な体験でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)