【怖い話】夢に出てくる雛人形

実家に立派な雛人形がある。

 

妹が生まれた時に、

じいさんがお祝いに買ったものだ。

 

妹が小さいうちは、

雛祭りの時には必ず雛人形を飾っていた。

俺は大学に進学して、

独り暮らしを始めた。

 

2月頃だったと思う、

ある晩恐ろしい夢を見た。

 

雛人形が怒った顔で

「出せ!」と言うのだ。

 

その間、体は動かない。

最初は

「気持ち悪い夢を見たな」

で済ませていたが、

次の晩も同じ夢を見た。

「出せ!」とは意味が分からないが、

『雛人形を押し入れから出せ』

と解釈した自分は、

実家に電話してみた。

 

雛人形を出しているか

母親に尋ねたところ、

じいさんが死んだし

妹も大きくなったので、

今年は雛人形を飾っていないという。

 

母親にお願いして

雛人形を飾ってもらった。

雛人形を出した効果か知らないが、

夢に雛人形は出てこなかった。

それから一年後の2月頃。

夢に雛人形が出てきて

「出せ!」という。

「これはもしや……」

と思い実家に電話すると、

雛人形を飾っていないという。

 

2年続けて起こったので、

それ以降は

必ず雛人形を飾ることにしている。

なぜ俺の夢に雛人形が出てくるのか、

訳か分からん。

 

妹の夢に出てくるのなら

まだ分かるのだが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)