【怖い話】すごく不細工な女の子の恨み

ある所にすごく不細工な女の子がいました。

彼女は性格はとてもやさしい子なのだけど、

顔がものすごく不細工だったので、

いつも彼氏にひどく扱われていました。

 

彼女には仲の良い女友達が一人いて、

いつも友達に彼氏の

自分に対する酷い仕打ちを

打ち明けて慰めてもらっていました。

 

その友達は

「でも私は不細工だから」

と彼女が言うのを

「そんな事無いよ。

それにあなたはとても優しいんだし」

と慰めていましたが、

内心では

「でもそんなに不細工なんだから

仕方ないよな・・」

とも思っていました。

 

そのうち彼女は

変な事を言って

ひどく怖がるようになりました。

 

「最近毎日変な夢を見るの。

夢の中であと何日、

あと何日って出てきて、

毎日だんだんその日付が

短くなっていくのよ。

きっと私あの日付けが終わった日に

死ぬんだわ。」

 

友達は

「何を馬鹿なこと言ってるの」

と笑い飛ばしましたが、

内心不安に感じ、

なんとなくその日付を

覚えていました。

 

そして彼女の言ったとおり

彼女はその日付が終わった日に

死んでしまいました。

 

友達は彼女のお通夜に出ましたが、

彼女は家庭も不幸だったらしく

お通夜は彼女のワンルームで行われ、

人も2~3人しかおらず

とても寂しいものでした。

 

彼女の事を惨くもてあそんでは

何度も捨てていた彼氏も

来てはくれませんでした。

 

友達は一人でぼんやりと

時間の立つのを待っていましたが、

だんだん怖くなってきました。

 

彼女は夢の日付けの終わった瞬間、

夜中の12時にベッドの中で

突然死んだのです。

 

「彼女の死んだ時間にきっと何かが起こる。

きっと何かが起こる。」と

妙な確信に近い予感がして

ぶるぶる震えながら待っていると・・

 

夜中の12時、

彼女の死んだ時間になった瞬間に

「ダーン!」

とものすごい音をたてて、

壁にかけてあった

彼女の遺影(彼女の描いた絵?)が

床に落ちたのです。

 

でもそれっきり

その日は何も起こりはしませんでした。

 

彼女に酷い事ばかりしていた彼氏に

何か彼女の罰が下ると思っていた友達は

なんだか拍子抜けしました。

でもその友達は今、

毎日とても怯えて暮らしています。

 

なぜならあのお通夜の日以来、

毎日夢の中に彼女が出てきて

こう言うのです。

 

「あと何日。

あと何日であなたは

私のところに来るのよ。」

 

その日付が終わった日に自分は死ぬのだと、

その友達は言い張るのです。

 

不細工な彼女は自分を惨く扱った彼氏よりも、

優しい振りをして

内心では自分を見下していた

友達の方を恨みに思っていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)