【怖い話】肝だめし中に聞いたラジオのニュース

先輩から聞いた話

 

部活の合宿で肝試しをすることになった。

真夜中の海岸を

1人で歩いて戻ってくるコース。

 

当然街灯もなく、

真っ暗闇なので

懐中電灯で足元を照らす必要があったのだが、

その懐中電灯には

たまたまラジオが付いていた。

 

怖がりの先輩は

そのラジオのスイッチをいれて、

音楽を聴きながら

気を紛らわせていた。

 

しばらく歩いていると、

音楽が止み、

ニュースが始まった。

 

なにやらキャスターが

あわてた様子で早口で話している。

「アメリカ・・・・」

「ソ連・・・」

「国連・・・」

「日本政府は・・・」

暗闇の中で

緊張状態にあった先輩は

ニュースの内容を

それほど真剣に聞いてなかった。

 

しかし、スピーカーから聞こえてくる

キャスターの様子に異常を感じ、

その場に立ち止まって

ラジオに耳を傾けた。

 

「本日、日本時間午後9時ごろ、

アメリカとソ連が全面戦争に突入した様です。

数発の核爆発がアメリカ、

ソ連の両国で確認されています。・・・・・」

先輩は耳を疑った。

 

「うそだろ!」

肝試しどころではないので、

ダッシュでもと来た道を戻って

仲間のもとに戻っていった。

 

みんなの所にもどると大声で、

「ニュースを聞いてくれ!」

とラジオ付きの懐中電灯を差し出した。

 

しかし、そこから聞こえるのは、

始めに聞いていた

音楽番組であった。

先輩は確かに

そのニュースを聞いたと言ってました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)