【怖い話】レトロな物件を探してした時に見つかった幽霊物件

霊感の強い人の割合って

意外と多いのかもしれないな、

と思った一件。

自分はレトロ好きで、

今も築半世紀のリノベ長屋に住んでるんだが

とうとうそこが

取り壊されることになったんで、

今日、レトロ専門の不動産屋に連れられて

都内のレトロ物件を見に行った。

 

地下鉄の某駅から徒歩6分。

築47年の庭付きの小さな一軒家で、

なんと家賃は月15万!

 

自分としては期待満々だったんだが、

玄関をくぐった瞬間、

こらアカンやつやとピンと来た。

 

すでに生活の気配があるというか、

目を向けると

何かがサッと物陰に隠れるし、

階段からは

白いオーブがゆっくりと降りて来る

(動きからして年寄りか?)。

 

不動産屋に

「おいちゃん、ここは駄目。

もう人が住んでる」

と言うと

彼は「ええーっ!?」と驚いて、

同じことを言った客は

アンタで3人目だと言う。

 

「俺はそういうの全然分かんないんだよねー」

と不動産屋は困った顔をしつつ、

「ツイとかで変なウワサ流さないでよ」

と俺に釘を刺した。

 

そんなガキじゃねーよと

鼻で笑ってみせたが、

2chに書かないとは言っていないw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)