【怖い話】自衛隊の駐屯地にあるお札

私が新隊員教育で

ある駐屯地にいた時の話です。

 

ありがちな話かもしれませんが

どうかご容赦下さい。

 

自衛隊には営内点検と言うものが有ります。

部屋の使用状況、

(物品の有無、整理整頓、清掃など)を

点検するものです。

 

点検時は全員各自のベットの前で

気をつけの姿勢で立ち、

点検官が床か各人のロッカーの中まで

隅々まで点検します。

 

なかには白い手袋をして

そこいらを指先で撫で、

埃の有無をみる場合もあります。

 

なにか不備があると、

個人の持ち物、

備品構わずに窓の外や廊下などに

ほうり投げ、

ばらまかれるのでした。

 

業界用語でそのことを「台風」と呼んでいました。

そして、不備一点につき

全員で腕立て10回

(だいたい一点二点では終わりませんが)

 

ある日、私の隊の大隊長が交代し、

新任の大隊長が

営内点検を行うことになりました。

何度か「台風」を経験してきた私達に緊張が走りました。

 

だいたいその営内点検は抜き打ちの場合と、

予告ありの2パターンあります。

 

その時は予告ありだったのですが、

ある意味予告有りの方が

「時間を与えたのだから隅々しっかりやっとけ」

的なニュアンスで、

本当に隅々、

下着の畳み方まで見られるような

(現役の方には当たり前だと怒られそうですが)

 

細かい検査が多かったので、

私達は休日返上で準備をしていました。

 

なんといってもまだ新米で、

どことどこがよく見られる場所とかも分からず、

要領というものが分かっていなかったので

気合いをいれて清掃、片付けをしていました。

 

その時、廊下が騒がしくなりました。

私が何だろうとドアを開け、

廊下に顔を出すと、

隣の部屋のやつらが一人を囲み

笑いながら騒いでいました。

 

私がその囲まれている一人を見ると、

おでこになにか貼って

キョンシーの真似事をして、

それを見て皆で笑っているようです。

 

よく見るとおでこのそれは

うす茶けたお札のようでした。

 

私がそいつに「どしたの?それ?」と聞くと

どうやら備え付けのロッカーを動かしたら

その後ろの壁に貼ってあったらしいのです。

 

営内点検にビビっていた彼等は、

備え付けのロッカーの後ろまで

掃除したらしいのです。

(そこまでは点検しないのですが)

 

当時の私はそのお札よりも

その根性に驚きました。

 

さて、営内点検も無事終わり、

次の日の朝です。

 

朝礼前に武器庫に並び、

それぞれ自分の銃を出していた時です。

 

その例の隣の班長がすっ飛んできて、

隣班の奴らを部屋に戻して

腕立てをさせていました。

 

どうやら全員ロッカーを開けっ放しにして

部屋を出たとの事で

怒られたらしいのです。

 

しかし、全員覚えが無いとの事。

自衛隊では部屋を出る時は

整理整頓するのが常識です。

 

ロッカー開けっ放しというのは論外です。

しかしその謎の出来事は続いたそうです。

 

訓練で部屋を空け、

帰って来ると

全員のロッカーが開いているのです。

 

しかも定規で計ったようにきれいに、

同じように開いているそうです。

 

最初はそこの班長も

「おまえらなめてんのか」

と激怒していましたが

 

2日も続くとおかしいと思い始め、

出発前に部屋の確認をして

出ていくようになりました。

 

しかし、部屋に戻ると

やはりロッカーは開いているのでした。

 

次の日、訓練中に

そこの班長が真相を見るため

こっそりと部屋を確認しに戻りました。

 

そーっとドアを開けると、

ロッカーは開いておらず、

朝確認したままの

奇麗に整頓された部屋だったそうです。

 

不審者のイタズラの可能性もあるため、

ロッカーの中からベットの下まで

隅々確認したそうなのですが、

異常無しでした。

 

その時廊下から

「○○3曹!」

と上官から呼ばれ、

「はい!」と廊下に飛び出し、

部屋のドアを閉めたのですが

ちゃんと閉まっておらず、

いかんともう一回

わずかに閉まりかけているドアノブに

手を掛けようとしたところ

「ガチャン」と中から誰かが閉めたように

閉まったそうです。

さすがにその時は背筋が寒くなったそうです。

 

そこからは隣部屋のロッカーの扉が

開く事は無くなったのですが、

真夜中にその壁から歯ぎしりの音のように

「ぎり、ぎり」

と聞こえるようになりました。

 

私のベットはその隣部屋側だったので、

私も聞きました。

 

誰かのいびきや歯ぎしりでは無く、

いびきや歯ぎしりとは別に

「ぎり、ぎり」

と明かに壁の中から

鳴っていたのを覚えています。

 

慣れない生活、訓練などで

疲れていたせいもあったか、

さほど気にしていなかったのですが、

ある日私はトイレに行きたくなり

真夜中目が覚めました。

 

夜中の三時前後だったと思いますが、

二段ベットの上だった私は

下の同期が目を覚まさないように

気使いながら

そっと降りて廊下に出ました。

 

真っ暗の廊下に出ると、

トイレの明かりの方

(明かりと言っても電気をつけている訳ではなく、

窓の外の明かり)

の方に向かって行きました。

 

なぜかもやっと霧っぽいものがかかっていて、

変だな、と思っていました。

 

無事に用便が終わり、

ベットに戻って私は眠りに付きました。

そして夢を見ました。

 

私は何かに縛りつけられており、

目の前に銃剣を付けた銃を

構えた男が立っています。

 

旧日本軍の方の格好では無いようだったと

覚えています。

 

その男は表情一つ変えずに

銃剣で私の胃のあたりを突いてきました。

 

その度に夢とは思えないような

胃がこみ上げるような感触がありました。

 

何回か私を突くと、

今度は私の首を両手で締め上げて来ました。

 

男の顔は青白く無表情。

しかし口元は

「ぎり、ぎり」

と歯ぎしりをしていました。

 

そこで目が覚めたのですが、

まるで夢とクロスフェードするように

壁から

「ぎり、ぎり」

とあの音が鳴っていました。

 

私は恐くなり、

そのまま眠りにつきました。

 

次の日の朝、

同期が私を見て

「おまえ、ホモったんか?」

とからかって来ました。

 

「だってキスマークついとるよ、首に」

と言うので洗面所で鏡を見ると

うっすらと両手で首を締めたような指の痕が、

あざのように有りました。

 

「うわ、やだな」

と思いながらも気にしないようにしていましたが、

その日の訓練で

隣の部屋のお札を剥がした張本人が

怪我をしました。

 

匍匐している時に

銃剣で自分の足を刺してしまったのです。

 

彼はその壁を挟んで

私の真裏にベットがあり、

お札が貼ってあったのは

彼の枕元脇のロッカーの裏にあったそうなのです。

 

私は気味が悪くなり、

ばかばかしいと思いながらも

班長に相談しました。

 

部屋付きの班長は、

他の駐屯地から来た臨時勤務で来ていた方で、

「そう言う事もあるんかな~」

程度で聞いていました。

 

そこに話を横で聞いていた

そこの駐屯地に古くからいる班長が

割り込んできました。

「おまえら、なんか剥がしたろ!」

はっとして、例のお札の話をした所、

「だ~めだよ~はがしちゃ!」

と言って出て行きました。

 

それからはなにも無かったのですが、

どうやら訓練でいない間に

こっそりとお払いしてもらい、

またお札を貼ったようです。

 

なんか不思議と興味もわかず、

確認しようとロッカーの後ろも

見ませんでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)