【怖い話】山奥の湖沼で見つけた奇妙な皮

アメリカで聞いた話。

 

彼はインディアンの血を引いており、

自部族が住む地区の

自然保護官を勤めている。

 

かつて山奥の湖沼で、

奇妙な皮を見つけたことがあるという。

 

その皮は全面がびっしりと

長くて黒い毛に覆われていた。

 

毛は非常に硬くて、

針と呼んでも

差し支えないような形状をしていた。

 

そして何とも気持ちの悪いことに、

人型を思わせる四肢を備えていたそうだ。

尻尾はない。

 

彼曰く、まるで、

毛がみっしりと生えた人が、

毛ごとその皮を脱ぎ捨てたかのような、

そんな不気味な印象を抱いたという。

 

何れかの哺乳類の皮を細工した代物かとも考えたのだが、

何処にも加工したような痕跡は見受けられなかった。

 

皮の厚みはペラペラと言っていいほど薄く、

蛇が脱皮したそれを連想させる。

 

一体何という動物の皮なのか、

全く想像がつかなかった。

 

部族の長老に聞いたところ、

それは『針の男』が

脱ぎ捨てた皮だろうと言われた。

 

『針の男』とは人型をした

毛深い怪物で、

皺だらけの顔と長く尖った耳を持つ。

 

頭が非常に良くて、

人語を解し、これを操るという。

 

しかし、他の生き物に強い悪意を持っていて、

常に周囲を呪っている存在なのだと。

 

山で他の動物に出くわすと、

それが人でなければ襲いかかって

食い殺してしまう。

 

人と出会った場合は特別で、

殺すことはないが抱きついてきて、

全身に生えた剛毛を

針のように使って刺してくる。

 

これに刺されると、

大抵の者が気絶してしまうそうだ。

 

その後、気絶から醒めた人間は、

『針の男』と同じ精神を

持つようになってしまい、

ありとあらゆる生き物に

憎悪を抱くようになる。

 

そして目にした動物を、

片っ端から食い殺すようになるそうだ。

 

やがて、刺された人は新しい

『針の男』に変化し、

沼に潜むようになるのだという。

 

かなり昔のことになるが、

『針の男』が大勢出現したために、

山から生きた動物の姿が

消えてしまったことすらあったらしい。

『針の男』は年月を重ねると、

脱皮して光の精霊になると言われている。

 

そうなると他の生き物に興味を持たなくなり、

世界にとって無害な存在になる。

 

だから、脱皮後に見つけたのは

運が良かったと言われた。

 

ただ、残された皮や針に魔力が残っていて、

人々に害を為すかもしれないから、

これは燃やした方が良いと長老に諭された。

自然保護官の彼は高等教育を受けており、

理知的に物事を考える人物であったが、

同時にそういう言い伝えも

大切にする人物でもあった。

 

だから悪い精霊の物だと知るや否や、

長老の忠告通り、

これを火にくべて灰にしてしまったという。

 

「勿体ない、何か未発見の

動物だったかもしれないのに」

 

人からそう言われると、

「昔から伝わっていることというのは、

必ず何か意味があってのことだから」

と冷静に返しているのだそうだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)