【怖い話】炭焼きを生業にしていた父親

Kさんに聞いた話。

Kさんの父親は若い頃

炭焼きを生業としていて、

山の斜面に築いた窯で良質の炭を焼いていた。

 

腕前は名人級だったが、

それでも年に数回は

生焼けの炭ができてしまう。

 

どうやら窯の中の温度に

ムラが生じているようで、

生焼けの炭は

火口から奥へと一直線に並んでいる。

 

そして、そんな時は決まって

麓の集落で死人が出ていた。

 

「どうもね…何かの通り道に

窯を築いてしまったらしい」

 

父親は常々そう言って嘆いていたそうだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)