【怖い話】心が弱っている時にみえるもの

私は心が弱っている時に、

この世のものじゃないものが見える…

 

旦那の実家は岩手県。

盛岡から宮古に行く一本道。

当時、旦那の家族にいじめに合った私は

深く傷ついて、

泣きながら私を慰める旦那と

一緒に村を歩いていた。

 

ふと左を見ると、

白いボヤッとした

剥げたおじいさんが洗濯物を干していた…

 

そのまま歩くと、

「あははははは」と笑い声とともに、

大きなトラックと、

上半身のないランドセルを背負った

低学年ぐらいの少女が見えた。

 
旦那にその話をしたら、

「そこ…俺の同級生の妹が、

事故に遭って亡くなったとこだよ…

事故がきっかけで

横断歩道ができたんだ」

って言われた。

霊感も何もないはずの、

私が見たものは何だったんだろう。

 

病む気持ちが癒されてからは、

何度も旦那と岩手に帰っても

確認がとれない、

不思議な話です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)