【怖い話】某宗教の勧誘をしている初老の女性

小学生の頃、

近所に某宗教の勧誘をしている

初老の女性が住んでいた。

 

女性の旦那は亡くなっており、

10歳の娘が一人いたが少し頭が弱く、

いつも同じ服を着せて勧誘に連れ歩いてた。

 

私はその人が苦手で、

たまに道で会った時も、

笑みをうかべたまま

瞬きひとつしないその目が怖くて、

直視できなかった。

 

近所で不幸がある度に

その家に行って勧誘し、

時には自転車が盗まれたなどの

些細なことでも顔を出してたため、

気味悪がられたが、

なぜかうちには

一度も来た記憶がない。

 

最近になって、

母がその理由を教えてくれた。

 

「あんたね、殺されかけたんよ。あの人に。

あんたがまだ赤ちゃんの時、

あの人勝手にうちに上がって、

二階で寝てたあんたを抱いて

窓から落とそうとした。

突風で押し戻されたけど

間一髪だったんよ」

警察に通報しようとしたが、

祖母に考えすぎだと言われてやめた。

 

それ以来、女性は

うちに来なくなったらしい。

 

私が中学に上がる頃、

女性は出世したのか、

本部のある街へ引っ越したそうだ。

 

ちなみに、突風が吹いた方角には、

祖父が参拝道の

整備工事の時に寄付した神社がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)