【怖い話】カプセルホテルのおっさん

ホテルの話なら・・・

その日、終電に乗り遅れて、

カプセルホテルに泊まった。

 

部屋のカプセルの大きさは、

縦幅190、横幅恐らく100㎝ないくらい。

 

風呂に入った後、

ビールを飲んで、

涼んでからすぐに寝た。

 

寝てしばらくすると、

妙に体が圧迫されて寝苦しい。

 

目を開けてびっくり、

俺の隣で普通にオッサンが眠ってる。

 

この狭い部屋の中で

成人男性が二人も入ってるのだ、

寝苦しくて当たり前。

 

当然のごとく、おもいきり驚いた。

酔っ払いかホモの痴漢が

侵入して来たと思ったからだ。

(この手のホテルはホモの痴漢が横行してる)

 

「うわあああっ!」

あわてて部屋を飛び出して、

「この野郎!!」と振り返って部屋を覗くと、

誰も…いない。

「あれ?」

今の感覚はあまりにもリアルだったし、

寝ぼけてた訳じゃないよな…

 

妙な違和感はあったものの、

明日も早いし、勘違いだ、

寝ぼけたんだと自分を納得させて、

もう一度眠る事にした。

 

しばらくして後、

また同じ圧迫感。

 

びくっとして目を開けると、

また同じオッサンが隣で寝ている…

 

二度目は怖ろしいくらい落ちついて、

オッサンから目を離さず部屋から出て、

部屋の中にちゃんと

オッサンがいることを確認し、

深呼吸した上で叫んだ。

「おいコラ!!人の部屋で何しとるんじゃっ!!」

オッサンが目を覚まして、

こっちを向いた。

 

オッサンの顔はごく普通、

何処にでもいそうな顔。

表情は凄く眠たそうだ。

 

その時、他の部屋から

「うるさいよ、静かにして!!」と、

クレームが聞こえた。

 

思わず俺は、しまった、

ここは寝室のフロアだったと、

声がした部屋の方向に対して、

あわてて「す、すいません!!」と

返事をかえした。

 

その一瞬、部屋から視界を

外してしまったのだけれども、

部屋に視線を戻したら、

オッサンはまた消えてしまっていた。

さすがにゾッとしてしまって、

その日はカプセルで寝るのは止めて、

雑魚寝専用の

相部屋で眠る事にした。

三年前の話です。

ちなみに場所は、

新宿のカプセルホテルです。

場所は歌舞伎町、

西武新宿駅のホーム沿い。

 

部屋番号は教えません。

ヒントを言えば、

その部屋には鏡がなかった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)