【怖い話】渓流で体験した不思議体験をまとめてみた

俺、渓流釣りが好きで、

山奥の渓流とか一人で行くんだけど、

何度か変な経験がある。

2つほど話したいと思います。

 

福島県の某渓流。

釣り人ならば良くする行為だと思うんだけど、

そん時も同じように車から降りて林道?から

川の様子を見ていたんだ、

そしたら、いきなし左肩を

「ドン」って押されて

一歩前に出る感じになったんだ、

で、振り返るが誰も居ない、

で、まぁ川も狭いし、

藪が茂っているから

さおを出すのも大変そうだから、

釣りするのはやめようって、

車に乗って下流に下りていきました。

終わり

 
秋田県の某渓流

川沿いを車で走っていた、

良い入渓地点があったから

車を停めて川に行こうとしたら、

先行者が居たから

暫く車の中でタバコを吸っていて、

フッと河原を見たら先行者が居なくなっていたから、

同じポイントに入ったんだ。

 

いつもと同じようにフライ(西洋毛鉤)を

流していたら、

何とも魚の反応は上々!

 

先行者(フライマン、俺と同じ)は、

よっぽど下手なんだな~

なんて思いながら釣り上がる。

 

で、上流を見渡しても

先ほどのフライマンは居ない、

数百mは直線だから

姿ぐらいは見えるはず、

ちょっと変だななんて思いながらも、

魚の反応が良いから、

そんな事は気にも止めず、

釣り上がる(釣りをしながら上流へ行く事)で、

上流に行きながらある事に気づいた。

 

渓流といえども岩場ばかりではなく砂地もある。

でも先行者の足跡が無い。

 

釣師だったら、

だいたい同じ場所に立つか、

移動すなら歩きやすい所を歩く。

 

それでも足跡が無い。

でも爆釣モードだから

そんな事は気にしない。

 

ひととおり釣り終えて、

車に戻って一服して我に返って考えた。

 

・入渓地点の下流側はスグに高さ10mぐらいの砂防ダム。
・入渓地点に先行者の車無し
・途中に停車していた車は?たぶん無かった。
・同じフライマンが先行者で、こんなに魚の反応が良いか?普通はありえない(先行者が餌釣なら別)

等々考えながら帰路につく

終わり

 

 

群馬県の某渓流

その日はいつもの川で

満足の得る釣果があったから、

午後は行ったことが無い

支流へ行ってみることにした。

 

林道の車寄せに車を留めて

河原に下りるが、

いつもと違う雰囲気。

 

そこは谷深い川でもなく、

陽が河原に降り注ぐ川。

普通なら気分が良い。

 

秋田・岩手・山形・北海道・群馬・栃木等の

渓流を釣歩いているが、

こんな変な気分は初めて。

 

それでも流れるフライを目で追っているが、

集中できない!

 

誰かが見ている、すぐそこに居る。

何度も振り向く。

 

目線の高さで振り向くのではなく、

左後ろ1.5mぐらい離れた下方。

 

子供が体育座りして、

俺の釣を見ているような感じ。

 

しかしそこには河原の石だけ。

でも、そこに誰か居る!

その時、山仕事の地元のおじさんが現れ

「釣れたかい?」

俺「駄目ですねぇ~」

おじさん「あっそうそう、

このスグ下流に急な流れがあるだろ?」

俺「ああ、有りますね」

おじさん「そこで先週、

川遊びをしていた子供が死んだんだよ」

何事も無いように納竿して

俺は車を下流に走らせた。

 

車を運転し、その急流を横目で見ながら、

こんな急流で最初から子供が遊ぶはずは無い、

たぶん、おれが釣をしていた開けた河原で、

流れが緩い川で遊んでいたが、

何かの拍子で流されてしまい、

この急流の箇所で亡くなってしまったのだろう。

終わり

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)