【怖い話】死にましたか?と聞く女性

小学校低学年の頃です。

可愛がっていたセキセイインコが

死んでしまいました。

 

近くに川があるので、

川に流してあげようと川へ向かいました。

 

河原は石が敷き詰められ、

歩くと『カリ』や、

『ジャリ』とか音がします。

 

その河原を50m程歩いて、

橋の下の所まで行きました。

 
そこにしゃがんで、

インコを流そうとした時です。

 

不意に、

「死にましたか」と声がします。

 

ビックリして後ろを振り向くと、

痩せた女の人が立っていました。

「うん」

素っ気なく返事をして、

再び川の方を向き、

インコを流しました。

 

その時は内心、

『川に流すと怒られるのかな』

『早く行ってくれないかな』

とだけ思っていました。

「流れましたね」

「うん」

と言って後ろを振り返ると、

誰もいませんでした。

 

唖然としました。

考えてみると、

河原を歩く音もしなかったし、

川の回りは5m位の石垣になっていて、

川から出るには

50m先の入り口まで

行かなければなりません。

 

この時、『おばけだ』と思いました。

日が高いので怖さは何もありませんでしたが、

不思議な経験でした。

白昼の出来事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)