【怖い話】歩行スピードがおかしい人

親父が社会人になった直後なので、

今から三十数年前のこと。

 

横須賀から都内まで通ってたので、

結構な時間がかかり、

ちょっと飲んで地元に着く頃には、

一時前だったりするのな。

 

で、その日も金曜で終電まで飲んで来て、

駅に着いたのがそんな時間。

 

酩酊状態で階段を昇ってたんだわ。

家は階段を約300段程昇った山のてっぺん。

弱い街灯を頼りに石の階段がずっと続いてる。

 

あまり気味のよくないところで、

俺も夜はあまり出歩きたくないようなところだよ。

車なんか行けないので、

すごい不便でさあ。

 
で、酔いながらゆーっくり昇って行き、

ちょうど半分位のH岡さんの門を過ぎ、

民家が切れて

竹やぶと草むらだけになったとこでさ、

上から人が降りて来るんだって。

 

薮を過ぎると二股に分れ、

左がうち、右がTさんの家なので、

Tさんの家に長居した客が

こんな時間に帰るのか、

くらいのつもりでふっと見上げたら、

何か変なんだって。

 

足の動きに対して、

歩く速度が不自然な速さ

分り易く言うと、

階段をスケートで滑るような感じかな。

 

段々見えて来たら、

白い浴衣なので

若い女性だなあってわかったんだって。

でもね、一月なんだ。

その晩だって仕事関係の新年会だったからさ。

 

この時になって、

酔いながらもようやく

寒々しいものを感じて来たらしく、

こっちは昇り、

あっちは下りなので、

いやだなあすれ違うの、

なんて思いながら、

一本道だから怖々昇って行ったんだ。

で、いよいよすれ違うその瞬間、

「ねえ…助けて…」

女が両手で、

ものすごい力で右腕を掴んだ。

 

ゾワっとしながら

声にならない悲鳴をあげつつ女を見たら、

長い毛髪で鼻から上まで全部隠れ、

真っ赤な唇だけをよく覚えてるって。

 

しかも浴衣だと思ったのはそうではなく、

手術の時着るようなあれだったらしい。

 

二駅はいかないと病院はないんだけどね。

で、ほんとに怖い時は

声が出なかったって笑ってたけど、

その時は腰抜かしながら

階段の百数十段を逃げ昇り、

気づいたら小便漏らしてたって言ってたw。

この世のものか、

はたまた異界の何かわからないけど、

何度も聞かされる話。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)