【怖い話】苦しんでいる霊たち

『苦しんでいる霊達がいたら全部救ってやればいいのに』

と考えるのは、

零感の考える思考というような体験談。

高校時代の事、

友人Aが相談をしてきた。

 

夜道で霊らしきものを見てから

家で怪奇現象が多発している、

どうしたらいいのか、というもの。

 

自分は、

『私にあなたを助ける力はないのでお引き取りください』

と心で念じればいい、

と教えてやったんだ

 

で、それから2週間ぐらいたって、

Aの家に友人Bと遊びに行った。

Bはありきたりな展開だが霊感がある奴。

 

家に着いて、

ピンポンを押すとAが出てきた。

するとBがAを見るなり

「何をしたぁ!!」と叫ぶわけよ。

自分もAもびっくりしてさ。

で、Aが「やっぱ見えるの?」

とBに聞くわけだ。

 

詳しく聞いてみると、

夜に寝ている時、

なんか『助けて』という幻聴が響いてきたんだって。

 

だから、アドバイス通りに

『助けられません』と念じようとしたら、

急に来たから間違って

『どうすればいいの?』とやっちゃったんだって。

 

そうしたら、

『想像すればいい・・助ける場面を・・・そしたら行ける・・・』

と答えてくれた。

 

どうせなら天国に行かせてやろうと思って、

天国へ続く門みたいなのをイメージして開いてあげた。

 

そうしたら、確かにイメージの中に黒い影が入ってきて、

門の中に行く感じが見えたと。

で、『ありがとう』と聴こえたらしい。

 

話を聞き終えたBは、

「アホか!お前、

むやみやたらに霊なんか助けてやるもんじゃねぇぞ!

最近体調に変化ねぇか?」

と聞くと、

「最近、電気みたいなピリピリが凄い。

寝てる時も瞼の上にピリピリピリピリ来る。

起きてる時もピリピリがしてる。

さらに、なんか服がひっついてる感じがする。

そのたんびに手ではらったりして、

落ちつきが無くなる」

と言った。

 

Bは、

「だろうな。お前がむやみに助けちまったもんだから、

この人は助けてくれるって思って、

霊がガンガン大群で来てんぞ!

つーか、天国の門なんか勝手に開くな!

ピリピリは霊がウロチョロしてるからで、

ひっついてる感じは

瘴気が身体についているんだ。

今、この世にどれだけ霊がいると思う?

変に情けなんかかけると

ドドドッと押し寄せてくるぞ!

日本だけでうん万だ、

キリがないんだよ」

 

「どうしよう、俺どうしよう」とパニくるAに、

Bは「結界を張って霊が近づけなくしてやる」と言い、

なにやら儀式みたいなのを1時間ぐらいして、

「張り終えた」と言った。

 

その後、Aの家に怪奇現象が起きる事はなくなった。

霊に対してイメージが通用するのか?

と疑問に思ったけど、

まあ『助けられません』

という念の言葉が届くぐらいだから、

通じるんだろうと思っておく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)