【怖い話】不気味な人面芋

兄夫婦の嫁さんが教えてくれた話

兄嫁(めんどいので仮名でK子さん)の

お父さんは昔から農家をしてる人なんだけど、

農家って小さい頃から

お手伝いさせられるから

大変だったってよく愚痴をこぼしてた。

そんな愚痴の流れと酒の勢いで出た話。

当時K子さんは小学生低学年くらいで、

家の作業を手伝ってた。

 

K子さんのお父さんは

ジャガイモとかソバとか

果てはワサビとか色んなのを作ってた。

 

なのであんまり収穫とかに

機械を使わない(規格的に使えない)ので

手作業だったらしい。

 

それでも無農薬で丹精込めて作った野菜は

本当においしくて評判だった。

 
ある日、K子さんのお父さんの兄が

農家をやめるってんで

土地の一部を請け負った。

 

そこそこの広さだし、

元はソバを育てた土地だから

とりあえずジャガイモを植えて様子を見た。

 

そのジャガイモの最初の収穫のとき、

K子さんが手作業で掘ってたら

面白いものが出てきた。

 

よく大根とかである、

人みたいなジャガイモが採れたんだって。

 

それもリアルな顔立ちをしてて、

ジャガイモにしてはサイズもデカい。

 

こりゃ珍しいってんで

お父さんに見せたら

「よかったかなー」

って褒めてくれたそうだ。

 

その芋は出荷せず、

その日にバター醤油で焼いて食べたが、

お父さんの土地のジャガイモよりおいしくない。

 

デカくなりすぎてるし、

まだ整った土地ともいえないし、

そんなもんだよってお父さんは教えてくれた。

それから何度か植え付け、

収穫を繰り返してたんだけど、

必ずデカめで

人っぽいジャガイモがとれたらしい。

 

よくよく思い返すといつも同じ場所で

その人面ジャガイモは見つかるんだって。

 

他のジャガイモは、

どんどん美味しくなるのに

そのジャガイもだけはおいしくないまま。

 

で、採れる度に毎回食卓に並ぶ。

それがK子さんが高校受験くらいまで続いたらしい。

けどK子さんのお父さんの兄が失踪してから

人面芋が収穫できなくなった。

 

それどころか請け負ってた土地の作物が

急に不作続きになって、

結局荒地になってしまった。

 

K子さんのお父さん曰く

「土に何かしてたのかもなー」

って気にも留めてなかった。

 

K子さんもそこまで気にはしてなかったが

尾を引く事件だったなーとはいってた。

 

けど私からするとそんな、

何かも知れない土地とモノで育った

野菜を食べてるのかと不安になったよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)