【怖い話】深夜の学校で見た子供たち

僕には未だに忘れらない

不思議な体験があります。

 

今から7年前の秋の出来事です。

仕事の家に持ち帰った僕は、

その夜、自室で書類の山と

格闘しておりました。

 

ようやく半分ほどを片付けたところで、

時計を見れば夜中の1時を過ぎておりました。

 

僕は気分転換のため、

ぶらりと夜の散策に出かけることを思いつき、

寝静まった家族を起こさぬよう

ガレージから自転車を引きずり出しました。

 

深夜の国道170号線をひたすら南へ下り、

途中、近鉄古市駅に

差しかかったところで東に折れ、

聖徳太子ゆかりの

お寺があることで有名な

奈良県太子町の方向へと自転車を進めました。

 

大きな橋を渡ると、

辺りは漆黒の闇に包まれました。

 

ブドウ畑が広がる田舎道をひた走り、

心地よい風を全身で受けていると、

仕事の疲れが一度に消えていくようでした。

 

やがて、古い木造家屋が密集する

小さな集落へと入りこみました。

 

この辺りでそろそろ帰ろうかなと

心細くなったため、

もと来た道を引き返そうとしました。

 

ところが、どこで道を間違えたのか、

細く曲がりくねる道を

行き来するばかりです。

 

ようやく集落内から抜け出ると、

突如、目の前に大きな建物が現れました。

それは小学校でした。

静まり返った通学路に沿って、

道路工事を知らせる

赤いランプが不気味に点滅しておりました。

 

その朧げな光が人気の無い校舎を

淡く浮かび上がらせておりました。

僕は、そのまま学校の前を

素通りしようとしました。

ところが、入口の前であることに気付いたため、

自転車をとめました。

 

真夜中にもかかわらず、

何故か、学校の門が開いているのです。

 

重そうな鉄の扉は

誘い込むかのように全開になっていました。

気がつくと正面をくぐり抜け、

そのまま学校の中に入っていました。

 

入口のすぐ左には三階建ての

鉄筋校舎がそびえ立ち、

校舎へと続く道に

冷たい影をおとしていました。

 

その影の中に青色のジャングルジムが、

ぽつんとたたずんでいました。

そのジャングルジムの横で自転車をとめると、

目の前に広がる

真っ暗な校庭を見渡しました。

校舎の向こうには山々の稜線が見え、

その上には満天の星空がありました。

 

それらをぼんやりと眺めるうちに、

無断で学校に侵入している自分にようやく気付き、

急ぎ、学校を出ようと自転車の向きを変えました。

そのときでした。

 

突然、鋭い視線を感じ、

その方向へと顔を向けました。

 

すると、真横にあるジャングルジムに、

鈴なりになってしがみつく

5~6人の子供たちの姿がありました。

 

彼らは、まるでマネキン人形のように

身動き一つすることなく、

ジッとこちらを睨みつけていました。

 

瞬時に、

「ごめんなさい」と心の中で叫びました。

 

見てはいけないものを見てしまったという

言いようのない恐怖感が

込み上げてきたからです。

 

そしてすぐに視線を外すと、

脇目もふらず正門を出ました。

 

少し離れたところで自転車をとめ、

あれは一体なんやと胸の中で問いました。

幾分冷静さを取り戻し、

今一度、学校の前まで引き返しました。

 

が、子供の姿はありません。

ふと、腕時計を見ると午前2時過ぎ。

我に返った僕は急いで家に帰りました。

翌日、この話を友人に話しました。

一笑に付されると思いきや、

「いくらなんでも夜中の2時に

子供は遊べへんで。

だいたい学校の門を

開けたままにするなんて考えられへん。

幽霊に違いない」

と断言されてしまいました。

 

怖がりの僕としては、

単に近所の子供たちが

夜中に遊んでいただけなどと

否定をしてほしかったのですが、

逆にダメ押しをされる結果となりました。

 

友人の言葉でもっともだなと思ったのは、

学校が門を開けたままにするはずがないという点です。

 

治安にさほど心配もないとはいえ、

真夜中に学校を開放するという話は

耳にしたことはありません。

 

それだけにあの夜誰が、

何の目的で正門を開けていたのか、

未だに理解できないのです。

もう一つ釈然しない点があります。

それは、こちらを向いていた子供たちの表情が、

どうしても思い出せないということです。

 

服装については

かなり鮮明に残っているものの、

彼らがどのような表情を

僕に投げかけていたのかという点が、

ものの見事に記憶から抜け落ちているのです。

 

睨みつけられた、

という事実は覚えているのに、

その相手の顔が思い出せないというのも

我ながらおかしな話だと思います。

数日後、

友人を誘って再びその学校を訪れました。

 

日曜日の昼下がり、

学校は正門をかたく閉ざし、

ひっそりと静まり返っておりました。

 

その際、新たな発見をしました。

正門の側に、

石造りの立派な慰霊碑が

建てられていたのです。

 

その裏手には

例のジャングルジムがありました。

 

慰霊碑が建てられた理由と、

あの夜の出来事のつながりは

定かではありませんが、

何故か、

その慰霊碑にむかって

手を合わさずにはいられませんでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)