【怖い話】奇妙な果実と女

ちょうどテストが終わって、

しかもその日は金曜日だったので、

「明日は銭湯に一番風呂でもしようかな?」

とか考えながら、

リビングの椅子に座って

財布をにらめっこしてたんですが、

その時急に窓のほうから

「ぼどっ」って

何か重たいものが落ちたよな

音がしたんです。

 

そっちの方向を見ると、

見たこと無いような果実が落ちてました。

 

渋柿・・かな?それに似た感じだけど、

どうやら違うみたいでした。

 

で、窓から出て、

上を見たんですけど、

ちゃんと木はあるんですよね。

 

ただその木に果実は

一つもついてませんでした。

 

「一個しかついてなかったのかな?」

とか思いながら、

木を見てたんですけど、

ここで一つの疑問が頭をよぎりました。

 

窓から出ると、

そのまま崖の様な壁があって、

その上にその木は生えてたんですけど、

結構落差があります。

 

それにもかかわらず、

この果実を手にとって見ると、

潰れるどころか、

傷一つついてませんでした。

 

まぁその時は

「まぁ多分渋柿って硬いんだろうな」

とかアホな考えしてましたけど。

 

で、なんとなくその果実を割ってみることにして、

庭から手ごろな石を持ってきて

軽く石を振り下ろしてみると、

いとも簡単に割れました。

 

「え?あれ?なんで?」

とか一瞬混乱しましたが、

すぐにそれも消えました。

 

果実の断面から、

何故かは分からないけど、

ミミズがぶわっとあふれ出ました。

 

即座に鳥肌全開な俺は、

果実を思いっきり遠くへ投げました。

多分隣家の勝手口に入ったと思います。

(ごめんね、お隣さん)

で、「うっわぁ~・・きっも~・・・」とか

テンションがた落ちでリビングに戻ると、

また「ぼどっ」と、

窓の方向にまた何かが落ちる音がしました。

 

心臓が飛び出そうなくらいびっくりして、

恐る恐る窓をのぞくと、

またありました。

 

「え?ちょ・・・え?・・あれ?・・」とか、

思考回路が半分ショートしてました。

 

で、ゆっくり窓から出て、

またビビリながら上を見ると

うれしそうにニタァって笑いながら、

木のそばで俺を見下ろしている

女がいました。

 

一瞬目があったような気がしますが、

女はすぐにどっか行きました。

もういやです。

引っ越したいです。

ぶっちゃけ今もその女果実落としてきます。

 

法の力を借りる・・・

という手も考えましたが、

もし操作とかして

「彼女は一週間前にすでに~」

とかなってたら嫌なので、

結局泣き寝入り状態です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)