【怖い話】喘息キャンプでの恐怖体験

私が中学の頃に

体験したマジ怖かった体験。

 

久々に思い出したので書いてみます。

中学の頃、夏に小中学生向けの

喘息持ちの子だけが参加する

通称「喘息キャンプ」

ってのに参加してたんだけど

 

そのキャンプ場ってのが

大分の九重山にあって

結構曰く付きだったりするところだった。

 

キャンプ自体は1週間で、

そのうち1~2日はテントで寝る事になっていた。

 

で、そのテント設営地も

8番テントの横の木は首吊りがあった~とか

×番テントの近所で

変死体が出た~とか言う話があったり。

そう言う話を聞いてて、

「恐いねー…」なんて言いつつ

夜になって自炊場の水場に

班の子と二人で歯磨きしに行った。

 

周りは林で電気も無く、

遠くについてるランタンの薄暗い光の中

歯を磨き終え、

蛇口を閉め、

「テントに戻ろっか」と

二人してその場を離れようとした

その瞬間閉めたはずの蛇口から

「ジャ——–ッ!!!!」っと

物凄い勢いで水が出始めた。

その物凄い勢いで出てる水を見て、

滅茶苦茶ビックリした私達は

「うわぁぁぁぁぁぁん!!!!!」

と泣きながらダッシュ。

 

テント地の近所に有る、

プレハブの管理部屋に掛け込み

管理当番だったお兄さんに泣きつきました。…が

お兄さんはラジオの天気予報の電波拾うのに必死で

相手にしてくれませんでした…。

 

あの時は本当に恐かったよ…

多分、他の方の書かれてる体験に比べれば

全然ヒヨッコかもですが…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)