【怖い話】一際異彩を放つ人物

今日の夕方あった話。

今日は都内の猫通りを歩いていた。

休日だけあって、人通りも多め。

 

そんな中で一際異彩を放つ人物が

前方からやってくる。

 

花柄のワンピースにピンクの網タイツ。

深く被った帽子。

分厚いレンズの眼鏡。

顔半分を覆うマスク。

遠目でも其処まではハッキリと認識できた。

 

だがおかしい。

通り過ぎる人々が皆振り返る。

俺はそいつから目を離せない。

そして通り過ぎる刹那。

 

奴と目が合った。

途端、全身に鳥肌&血の気が引いた。

眼鏡の奥の目。

その目に生気は無く、

絵に描いた様だった。

 

例えるならば、

パーティグッズの鼻メガネの目。

そんな目が瞬きもせず、

こちらを見つめている。

 

ありえない。

眼鏡にはレンズも嵌ってるし、

顔と眼鏡の間にもちゃんと隙間がある。

だがこちらを見つめる瞳は絵そのもの。

数時間経った今でもかなり((;゚Д゚)ガクガクブルブル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)