【怖い話】自分だけに見えた保母さん

関東地方周辺の、ある河川上流にての話。

その川の上流は、片側が切り立った崖がそそりたち、

もう一方の川岸はアスファルトを敷いた遊歩道になっている。

散策を開始したのは午後に入ってからだ。

流れに沿って、ひたすら上流にまでさかのぼる道で、

2時間ほど歩いた地点で少し揉めた。

4人で来ていたのだが、田舎育ちの俺は、

「来た道を引き返すのにも、また2時間かかる。

こういう場所は陽が落ちるのが早い。

今引き返さないと、日の光があるうちに入り口の時点まで戻れない」

そう言った。

しかし、東京育ちで平素、山にも谷にも行かない同行者たちは、

街灯のない所で陽が落ちると、どうなるのか全く想像できないようだった。

引き返すにしても、別のルートから帰ろう。

せっかく来たのだから、もう少し先へ行こう、などと言う。

どうにも理解してくれないので、

かかとを返して下流方向へと歩いた。

全員揃って、ここで日没を迎えたら、

にっちもさっちもいかなくなる。

ならば1人だけでも遊歩道の入り口に戻っておけば、

車で残った者を迎えに行けると考えた。

陽が傾きかけると山の渓流は、すぐに薄暗くなりだした。

切迫感に駆られて、俺は競歩ほどの速さで急いだ。

谷は、どんどん暗くなっていく。

しまいには駆け出した。

集落に着く前に、闇の中で歩けなくなるのでは。

焦りと苛立ちがつのる。

遊歩道に俺以外の観光客の姿は、もうない。

心細く焦る耳に、歌が聞こえてきた。幼い子の合唱する声だ。

夕焼け小焼けで日が暮れて~

やぁまのお寺の鐘がなる~

ギョッとして背後を見たら、50歳代の保母さんと、

体操帽にスモッグを着た幼児たちがいた。

保母さんと目が合った。

俺は、ずっと一本道をここまで歩いてきた。

その間、1人だった。それに俺は走っていた。

保母さんと園児たちは、俺が遊歩道の入り口を出たすぐ後に、

歌と共に、遊歩道から出てきた。

戸惑っていると、連れが俺の後ろから、

息を切らせて駆け寄ってきた。

帰りの車の中で、

「幼稚園児いたよな?」

「歌、唄ってたよな?」

と聞くと、

3人とも、

「居なかった」と答えた。

そういえば、現れた時と同じように、

こつぜんと居なくなっていた。

幽霊を目撃したというより、

異なる日付けに同じ場所の同じ時間にいた者同士が、

有り得ない鉢合わせをしたような感じだ。

なぜ、あの保母さんは俺を見たんだろう・・・。

なぜ、俺だけ、あちらを見ることが出来たのだろう・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)