【怖い話】幽霊を投げ飛ばす

私の彼のマンションは2階の角部屋で、

南向きにベランダ、

西側に幅1メートルくらいの手すりなどの無い窓がある。

その窓際にベッドを引っ付けて置いてあるんだけど、

彼はいつもその窓でタバコを吸います。

その彼の家に、

お泊りした時の話です。

深夜、私が寝ている横でタバコを吸っていたらしい

彼の悲鳴で起こされました。

彼が凝視している先を見ると、

窓には女の顔が。

瞬間的に、ここは2階なのにとか幽霊が出た

なんて考えは頭になく、

知らない女が彼の部屋を覗いている、

という事実が私には非常に不愉快で、

膝立ち状態で窓に向かい、女と対峙した。

そして私の口から放たれた一言、

「なんなの、このブス!」

口が悪くて申し訳ございません・・・。

ただ、もう本当に面白くなかったのです。

その女の存在が。

さらに加筆させていただくと、

その女性は決して「ブス」ではなかったように記憶しております。

少々陰気臭くて、

表情そのものが貧乏臭かっただけです。

思い出そうとしても、

印象くらいしか思い出せないのですが・・・。

気持ちよく寝ていたところを起こされて、

機嫌が悪かったっていうのもあります。

女と正面きって睨み合っていると、

女の手が私の首に伸びてきました。

負けじと私は女の鼻を、

力いっぱい、つまみした。

女がくしゃみの直前のような顔をしたので、

そのままブンブンと振り回すと、落下していきました。

その時、初めて「ヤバイ!」と思い、

窓から下を見下ろしたのですが、

人が倒れてるようなところはありませんでした。

ただ、カコーンという音はしました。

例えるなら、子供のままごとセットに入ってる

プラスチックの鍋が落ちたような、そんな音。

幽霊って軽いんですね。

彼の夏布団が少し燃えただけで、

他に実害はありませんでした。

でも、今のマンションに引っ越してから、

お互いに怖い夢を見たり、彼の体調が悪くなったり、

あまりいい感じがしてなかったので、

今後、良い方向に向かってくれるといいなぁと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)