【怖い話】飛び込み自殺

我が家の隣の無人踏切。

飛び込み自殺の名所だ。

 

電車に本気で飛び込む奴と言うのは、

微妙な心理が働くらしい。

 

邪魔をされたくないが、飛び込んでも

誰も気がついてもらえなくて、我が身が

粉砕野ざらしのままってのも嫌という。

 

ちょうど、件の踏切は農道なので

深夜は暗くて人通りが絶える。

 

無人かつ無踏切なので、

夜中に立っていても怪しまれない。

 

完全な田舎というわけでもなく、

隣に(我が家)一件だけ家があるので

飛び込んでも見つけてもらえるだろう、

って感じなのかどうかはわからんが、

飛び込みやすい雰囲気らしく、

1~2年に一回ぐらいは必ず飛び込みがある。

 

正直、あまり気持ちのいいものではないけど、

飛び込みがあった時の電車の音とか、

警察の実況見分の風景や、飛び込みの後、

大方の身体を回収して列車が運行再開した後でも、

係り員がバケツと火ばさみ片手に

列車と列車の合間や線路に食い込んだ肉片を

摘まんでいたり、それも終わった後に

カラスが押し寄せてきて、なにやら筋っぽいものを

加えて御馳走祭りをしている絵も慣れた。

 

最悪だったのが、夜中に眠っていたら、

列車の警笛と急ブレーキの音とほぼ同時に、

枕元の窓ガラスに「ドン!!」っていう衝撃。

 

飛び込んだ奴の首が、

どういうわけがブッ飛んできて、

窓ガラスに激突って・・・。

 

ブツを見る前に頭部は回収してもらったから、

まだマシだけど。

 

翌朝、窓ガラスには血と、

何かわからないドロっとしたものがこびり付いていて、

マジで泣きながらホースで掃除したよ。

 

飛び込みだけはやめてくれ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)