【怖い話】金縛りを観察

数年前のこと。

 

私は腐れ縁のO君といつものように飲み、

いつものようにはしゃぎ語らい、

そして終電も無くなり、

O君の家にタクシーで帰りました。

 

部屋でHなビデオ、音楽などを

聴きながらだべっていると、

O君が「眠いから寝る!」と言い、

さっさと寝息をかいていました。

 

O君の部屋は4畳半ですが、

実際空いているスペースは

一畳半ほどしかなく、

体の大きな二人が寝るのは

オイルサーデン状態になるしかなく

「こいつ足臭いのう」と思いながら、

一人ぼーっと音楽などを聴いておりました。

 

ものの1分もしないうちにO君が突然、

「あ~あああああああ・・・!!」と

オペラ歌手を思わせる高音から低音へ

わたる叫び声を張り上げ、

「なにねぼけとんねん」っと思った私は、

むくっと起きあがりO君を見ると、

体を小刻みに振るわせながら

「ふん、ふん、」と白目でうなっておりました。

 

私は「ハ、ハ~ンこれが噂の金縛りか」

ぴーんときて、さらに観察しようと、

O君に近づきしばらく笑っておりました。

 

相変わらず白目で振るえているO君に、

私は「やばいんちゃうん」と思いだし、

O君を起こそうとしたその瞬間、

白目だったO君が目を見開き、

(そのときのO君と私の顔の距離約30cm)

重力を無視したように起きあがり、

腰をぬかして後ずさりする私を、

ものすごい形相で追いかけてきました。

 

私はパニックを起こし、

腰を抜かしているにもかかわらず

戦闘体制に入ろうとしたとき、

O君は私の膝にしがみつき、

一言消え入りそうな声で

「こ、怖かったあああ・・・」

2秒後、大爆笑している私を見みながら

懇々と語ってくれました。

 

笑い泣きしながら聞いたことなので

思い違いはあるとは思いますが、

O君いわく、

ベランダで白いドレスを着た女性が

立っているのが見えた。

 

瞬間金縛りに遭い

「うわあああ」と思ったとき、

「そうや、ぷうう(私)がいてる、助けてもらおう」

と必死になって声を張り上げたそうですが、

いつまで経っても助けてくれない私に

愛想をつかし、自力で金縛りを解いたとのこと。

 

後にも先にも、他人の金縛りを観察できたことは

ラッキー?だったと思い、

今でも酒の肴にしている私です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)