【怖い話】交番にいた変なおっさん

友達3人とボーリングをしてたんだが、

ただの勝負だと面白くないという事で

2人づつに分かれて、負けた2人は

罰ゲームというゲームをした。

 

罰ゲームは試合後に勝った奴らが、

法的に問題がないものに決める事で同意。

 

ゲーム開始、俺のG連の成果もあり、

見事に俺と組んだAは

罰ゲームをする事になった。

 

勝者2人から、

罰ゲームの内容が言い渡された。

 

至って簡単。

 

補導覚悟で交番の前で

ラジオ体操してこい、との事だ。

 

仕方なく、やる事にしたさ、

補導される気満々でね。

 

俺とAは交番の前に着き、他の2人は

交番から少し離れた所で観察している。

 

交番の中にはリーマン風の

中年男性が1人座っている。

 

警察官はいなく、ラッキーと思いながら

Aに「早く始めるぞ」と言った。

 

俺とAはラジオ体操を始めた。

 

リーマン風の中年男性は、

俺らを見て爆笑している。

 

見た所、どうやら酔っ払いのようだった。

顔を真っ赤にしながら、やけにご機嫌な感じ。

 

リーマン風の中年男性は、次第に

俺らと一緒にラジオ体操を踊り始めた。

 

俺らも爆笑しながらラジオ体操を続けていた。

妙な光景だっただろう。

 

一周を終えたから、

辞めて他の2人の元へ行こうとすると、

交番の中にいたリーマン風の中年男性が、

交番から出てきた。

 

何事かと思い、俺とAは足が止まった。

 

リーマン風の中年男性が、

俺らを涙目で睨んでいる。

 

「何でや、何でやめんねん」

 

関西弁でリーマン風の中年男性は叫んだ。

 

タチの悪い酔っ払いだと思い、

俺はAと共に逃げるように走った。

 

他の2人の元に着き、

「変なオッサンがいる、逃げるぞ」

と言った。

 

「オッサン?どこにいんの?」

俺達は首を傾げながら交番の方を見た。

 

リーマン風の中年男性は、

仁王立ちしながら俺達を見ている。

 

「いや、いるじゃん!

交番の前に立ってるあのオッサンだって!」

 

2人は交番を見るが何も見えない感じで、

「はぁ~?」

「意味わかんねぇ」

「そうゆうのいいから」

的な事を言ってきた。

 

俺とAはお互いに、

「え?だって・・・いるよな?」

と確かめ合った。

 

すると交番の前からオッサンが

「チャオ」と俺達に向かい叫び、

交番の中に戻っていった。

 

「ほら、いるじゃん(笑)」

 

Aは笑いながら2人に言った。

俺も面白いオッサンだなーと思い、笑ってた。

 

けど2人は何も聞こえず見えないようで、

不可思議な顔をしていた。

 

仕方なく4人で交番の前まで

確認に行く事になった。

 

しかし交番には誰もいない。

 

おかしい、確かにリーマン風の中年男性は

交番に戻っていった。

 

2人は、

「おいおいおい、

幽霊でも見たんじゃねーの?」

とか言ってきて、

俺達も流石に不気味に感じ、

お開きにする事になった。

 

数日後、その交番には殉職した警察官の

幽霊が出るという噂を聞いた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)