【怖い話】取材の時に泊まった旅館

旅行系の雑誌のカメラマンをやって

暮らしています。

 

それで先週、取材で

某東北の旅館に行ったんです。

 

「お花見特集☆泊まるならこの旅館」

 

みたいなやつ。

 

取材兼宿泊先は、

 

あまり知られていない、

ひなびた温泉宿。

 

別館みたいな部屋に

泊まったんです。

 

渡り廊下で本館に行ける部屋。

 

編集者とバイトの子と

三人打ちで深夜マージャンしてて、

 

ビールを買いに本館まで、

私が行く事になった。

 

で、部屋を出たら何かおかしい。

 

渡り廊下がすっごい長く見える。

100メートルくらいはある。

 

そんなはずない。

 

夕方見た時は、

せいぜい20メートルくらい。

 

酔ってんのかな?

と思いながら歩いていたら、

 

変な感じがする。

 

浴衣の裾が引っ掛かる。

 

巻くし上げて歩いたけど、

何か変。

 

何だぁ?

と思って見たら、

 

裾に小さいおばあちゃんが、

ニコニコしてぶら下がってる。

 

髪を短く切り揃えた和服姿の

50センチくらいのおばあちゃん。

 

血の気がひいて、

 

前だけを見て

ダッシュで部屋に戻った。

 

今自分に何が起きてるとか

考えないようにして走って戻った。

 

部屋に戻ったら、

 

残ってた二人が

部屋の隅に固まってる。

 

その時は不思議にも思わないで、

安堵感と興奮と恐怖でいっぱいで。

 

俺、今見ちゃったとか

うわずりつつ話してたら、

 

編集者が「今ここにも出たんだよ」

って言う。

 

俺が出ていってすぐに、

襖が少しだけ開いたんだって。

 

は?

と思って見たら、

 

小さい子供が

ニコニコ覗き込んでる。

 

ここの子?

って聞いた瞬間、

 

ものすごく低い

オッサンみたいな声で、

 

「ウルセエ」って言うと、

 

首がガガガガガガガガ

って震えて、

 

天井まで凄い速さで

上がっていったんだって。

 

バイト君いわく、

 

外から見えるエレベーターを

早回しで見てるみたいだった、と。

 

本当に怖かったけど、

 

一番怖いのはその旅館を

巻頭特集で掲載する事。

 

もしそこに泊まったら・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)